食事が乾燥肌を招く?乾燥肌を改善するために日々の食生活を見直してみよう

11-1

乾燥肌を改善するためには、日々のお肌のケアが欠かせません。保湿ケアを毎日頑張っている人もいるでしょうが、それでもなかなか乾燥肌が改善されない人は、もしかしたら食生活が良くないのかもしれないと疑ってみてください。食事は身体の健康を守ることはもちろん、お肌にもさまざまな影響を与えます。乾燥肌も食事によって何らかの影響を受けることがあるので、もし保湿ケアをしても効果を感じられないという人は、食事にも注意してみましょう。

カフェインの摂り過ぎが乾燥肌を招く

コーヒーを好んで良く飲む人がいますよね。コーヒーに含まれるカフェインにはさまざまな効能があるといわれています。カフェインには利尿作用がありますので、たくさんカフェインを摂取することで体内の老廃物を排出することができ、それが美肌につながることも確かにあります。しかし、カフェインの摂り過ぎはかえって乾燥肌を招いてしまいかねないので注意しなくてはなりません。利尿作用で排尿が活発になれば、体内の水分も外に排出されてしまうことになります。体の中の水分が失われれば当然のごとく体内は乾いてしまいます。それが肌に影響を与え、乾燥肌を招いてしまうことがあるのです。また、コーヒーを飲むと眠れなくなるといわれますが、それはカフェインに神経を興奮させる作用があるからです。神経の高ぶりは血管の収縮によって引き起こされますが、血管が収縮することで血の巡りが悪くなってしまいます。カフェインの適度な摂取であればちょうど良く興奮を催すことができますが、過剰に摂取してしまうと血の巡りが悪くなり、代謝を阻害してしまうことにもなりかねません。代謝が悪くなれば肌のターンオーバーも鈍化してしまうので、それが乾燥肌を招いてしまうというわけです。コーヒーなどのカフェインは適量を飲んでこそ美容に効果をもたらすことができます。飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

冷たいアイスが乾燥肌に?甘いものにも注意!

11-2

体を極度に冷やすことは血行を悪くしかねません。血行が悪くなると代謝機能も同時に阻害されてしまいます。代謝機能が衰えることでお肌のターンオーバーが鈍くなり、それが乾燥肌を引き起こしてしまうのです。もし乾燥肌に悩んでいるなら、冷たいものを控えることが大切です。よく冷えたアイスや極端に冷やした飲み物など、体を冷やしてしまうものはできるだけ摂取しないように気を付けましょう。また、冷えているだけでなく糖分の多い甘いものの摂り過ぎもお肌にとってよくありません。そのため冷たくて甘いアイスなどはお肌にとって大敵となります。糖分の多いジュースなどの飲料水も体内の環境を悪化させ、乾燥肌をひどくしてしまうことがあります。ジュースなどは喉が渇いているとついついたくさん飲んでしまいがちなので、特に気を付けるようにしましょう。乾燥肌を改善するためには、できるだけ体を冷やさずに体調を整えることが必要です。

食事の習慣を見直そう

11-3

乾燥肌を改善するためには、毎日のお肌のケアだけでなく、体の内側のケアも欠かせません。乾燥肌と聞くと、どうしてもお肌そのものばかりに目がいきがちですが、体の外側と内側の両方から改善しなければ本当の改善にはならないのです。日々の食事はバランスのとれたものになっていますか?偏食をすると体の内側のバランスを崩してしまいます。それが乾燥肌にもつながりかねません。インスタント食品ばかりを食べていませんか?インスタント食品には日持ちを長くするためにさまざまな添加物が含まれています。炭水化物や脂質などが大量に体内に入ってくると、体の中での処理が追い付かずに代謝が衰えてしまうこともあります。また、香辛料などの刺激の強いものを取り過ぎると、カフェインと同じように血管を急激に収縮させてしまうことも考えられます。それが血流を阻害してお肌の再生がうまくできなくなってしまうこともあるので注意しましょう。このように、乾燥肌を改善するためには食生活をきちんと整える必要があります。日々の食事に気を配ることで体の中から乾燥肌を防ぐことができれば、体の外からのケアと合わせて「鬼に金棒」の効果を期待することもできるでしょう。毎日の何気ない食事の習慣が乾燥肌に大きな影響を与えることもあるので、十分に注意して食事をとるように心がけてください。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。