静電気は肌トラブルを引き起こす?乾燥肌の人は要注意!

静電気は肌トラブルを引き起こす?乾燥肌の人は要注意!

周囲の人より静電気が起こりやすいと感じることはないでしょうか。体質によって静電気のたまりやすさは異なります。特に静電気と関係が深いのが乾燥肌です。
そこで今回は、静電気と乾燥肌の関係性や静電気から肌を守る方法などを紹介します。

乾燥肌だと静電気が発生しやすい?

8_2

肌が乾燥していると静電気が起こりやすくなります。そのため乾燥肌体質の人は他の人より静電気に悩まされることになります。冬に静電気がよく起こるのは、肌が乾燥しやすくなることが大きく影響しているのです。
その理由は2つあります。1つ目の理由は、肌が乾燥していると衣類との摩擦が大きくなることです。静電気は物と物が擦れたときの摩擦で発生するのはご存じですよね。肌の表面が潤っていれば、衣類と触れ合っても摩擦は生じにくいです。しかしガサついた乾燥肌は、衣類と接触したときに大きな摩擦を生み出してしまいます。その結果、大量の静電気が発生し、体内に蓄えられてしまうのです。
2つ目の理由は、体内の静電気を空気中に上手く放電できないことです。肌の表面が十分に潤っていれば、静電気は水分を通じて知らないうちに空気中に逃げていきます。しかし乾燥肌の場合は水分が不足しているため、静電気が通る道を用意できないのです。体内に蓄えられる一方になってしまい、金属などに触れたときに一気に激しく放電されてしまいます。

静電気が肌に与える悪影響

突然バチッと静電気が起こると驚いてしまいますよね。驚くだけでなく、痛みを感じることも多いのではないでしょうか。静電気の刺激は肌にダメージを与えます。特に大きな静電気が起こった場合は、相当なダメージを負ってしまう可能性もあるので注意が必要です。
静電気により肌の角質層に傷ができてしまい、バリア機能が働かなくなってしまうことがあります。そうなると傷から細菌が侵入し、炎症を引き起こしてしまうことがあるのです。静電気は空気中の塵や埃を引き寄せるので、それらが傷口に付着して症状が悪化することもあるでしょう。また傷つくほど大きな静電気でなくても、肌にダメージを与えることには変わりがないので、肌トラブルに発展する可能性があります。
さらに静電気のダメージは、ビタミンCの欠如を引き起こすケースもあります。ダメージを負った肌を修復しようとして、体内でビタミンCが大量に消費されるからです。ビタミンCは肌にとって重要な栄養素なので、欠如すると肌荒れなどが起こりやすくなってしまいます。

静電気から肌を守りたい!対策方法は?

8_3

乾燥によって静電気は発生しやすくなるので、静電気から肌を守るには乾燥肌をケアするのが一番です。美容液やクリームを欠かさずに使用して、しっかり保湿しましょう。水分をこまめに摂取することも非常に大切です。冬場は気温が低く汗の量も少ないので、ドリンクをあまり飲まない人が多いですよね。肌が乾燥しがちな冬こそ、しっかり水分を補給しなければなりません。加湿器を使って空間の湿度を上げるのも効果的です。エアコンを使うと部屋全体の湿度が下がるので、できるだけ加湿器を併用するようにしましょう。
乾燥肌のケア以外にも静電気の対策方法はあります。衣類の洗濯で柔軟剤を多めに使うのも有効な対策です。柔軟剤の成分には衣類の繊維をコーティングする働きがあります。この働きにより衣類と肌の摩擦が減るので、静電気の発生量を抑えられます。洋服は天然素材のものを選ぶようにしましょう。化学繊維は静電気が発生しやすいので避けた方が無難です。
また静電気の防止効果のあるスプレーもオススメです。ドアノブやキーホルダーなどに吹きかけておくと、触ったときに静電気が起こりにくくなります。