肌トラブルの原因にもなるつらい乾燥肌!治らない時の対処法は?

6

秋から冬にかけて乾燥肌に悩む人は大変多いのではないでしょうか。ダイエットや不規則な生活などが原因で、季節を問わず乾燥肌に悩まされている人も増加しています。乾燥肌は化粧ノリが悪いだけでなく、痒みなどのつらい症状の原因ともなり得ます。そこで今回は女性を対象に、乾燥肌がなかなか治らない時の対処法をアンケートしました。

6

【質問】
乾燥肌が治らなくて困ったら、あなたはどんな対処をしますか?

【回答数】
病院へ行く:45
エステに行く:2
自宅で保湿ケア:39
新しいクリームを買いに行く:5
食事内容を見直す:7
その他:2

半数近くの人が病院へ行くと回答

アンケートの結果、半数近くの人が皮膚科などの病院を受診すると回答しました。

・病院で先生に診てもらって自分に合った薬を出してもらったり、対処法を教えてもらったほうが自分であれこれと試すより早く治ると思うから。(20代/女性/専業主婦)

・市販の化粧品やクリーム等に比べ、病院で処方される薬の方が安全性が高く、即効性もあるように感じるので皮膚科を受診します。(20代/女性/学生)

・なにか自分の肌に適さないものを使ってしまっているのか、アレルギー持ちなのか、治らないものなのかしっかりと見てもらえると思うからです。(20代/女性/パートアルバイト)

病院を受診する理由として最も多かったのが、自分で処置をするより確実で早く治るからという回答でした。自分で市販のクリームなどを購入するより、病院で処方される薬のほうが安全で即効性があると考えている人が多いようです。なるべく早く、また確実に治したいという想いが伝わってくる結果となりました。症状を抑えるだけなら市販のクリームなどでも可能かもしれませんが、専門医に診てもらったほうが原因を知れたりアドバイスをもらえるので一石二鳥です。

自己流の対処法で治すという人も多数

アンケートの結果、2番目に多かったのが自宅で保湿ケアを行うというものでした。その後は食事内容を見直す、新しいクリームを買うなどの回答が続きます。

・まずは化粧水、保湿剤をこまめに塗ったり、パックをするなど自宅で出来る対応をしてみて、それでも乾燥が酷いようだったら病院に受診することを考えます。(20代/女性/会社員)

・病院やエステはお金が凄くかかってしまう可能性があるので、市販の保湿剤を用いて自宅でケアする。(20代/女性/学生)

・ビタミンが豊富なフルーツやアボカドを食べる。結局、肌の状態は食べたものに影響されると思うから。(20代/女性/専業主婦)

・いつもよりも少し高めの、保湿重視のクリームを選んで買うと思います。よほどの重症でない限りは、病院には行かないです。(20代/女性/会社員)

まずは自宅で保湿や食事内容の見直しを行い、それでも治らなかったら病院に行くという回答が目立ちました。病院やエステは金銭的な負担が大きいので、できることなら自宅ケアでお金をかけずに治したいと考えている人が多いことが分かります。中にはよほど重症にならない限り病院には行かないという回答もありました。理由は様々ですが、病院へ行くことに抵抗を持っている人も少なくないようです。

病院派と自宅ケア派にはっきりと分かれる!

乾燥肌がなかなか治らない時の対処法をアンケートしたところ、半数近くの人が病院を受診すると回答しました。病院で診てもらったほうが早く、確実に治るという理由からです。その一方、保湿ケアや食生活の改善を行うという意見も目立ちました。病院派と自宅ケア派はちょうど半々くらいです。早く安全に治すためには迷わず病院に行くという人、できるかぎり自宅ケアで治してしまいたいという人がはっきりと分かれる結果となりました。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29
  • 調査期間:2016年07月19日~2016年08月02日
  • 有効回答数:100サンプル