美肌の大敵乾燥肌!正しい対処法はどっち!?

スキンケア

冬場になると、特に気になるのが顔まわりの乾燥肌。唇はガサガサ、目じりの小じわは気になるし、化粧ノリは悪くなったりと、まさに美肌の大敵です。
そんな乾燥肌の正しい対処法って、一体どれが正解なのでしょうか。例えば「あまり化粧品の力を借りず、肌本来の力を引き出す方法」。もしくは「効果的な化粧品をどんどん取り入れる方法」。この二択だったらあなたはどちらを選びますか?みなさんにアンケートを取ってみました。

9
【質問】
乾燥肌の方に聞きます。対処法でどちらが効果アリだと思いますか?

【回答数】
必要最小限の肌を甘やかさない手入れ:50
保湿や洗顔など、乾燥肌に効果的なものをたくさん使う手入れ:50

結果は引き分け!化粧品に頼るのも、頼らないのもOK!?

アンケート結果によると、「肌を甘やかさない手入れ」も「効果的なものをたくさん使う手入れ」も同数、引き分けとなりました。
ここでは「肌を甘やかさない手入れ」が良い、と答えた方の意見を見てみましょう。

・お肌が本来持っている力を活かすために、あまりケアし過ぎないようにしています。(20代/女性/自由業・フリーランス)

・人間に備わる自然治癒力は大変すぐれているので、下手に薬を使用すると治癒力が落ちそうです。(30代/女性/無職)

・あまりにも沢山使うと、余計に肌に負担がかかってしまいそうだから(20代/女性/パートアルバイト)

・肌に水分と油分のバランスを整える力を養うことが必要だと思うので、肌にただただ与えるだけでは根本的な解決にならないと思うからです。(30代/女性/専業主婦)

薬がなかった昔の時代、切り傷などを負っても自然に肌が治癒するまで待つことが普通でした。乾燥肌は怪我ではありませんが、あまりにも化粧品や医薬品に頼ると肌本来持っている力が衰え、ますます乾燥肌が酷くなってしまうのでは、そういった意見が見られます。
またアンケートを見ると、乾燥肌は化粧品だけで治ることではない、規則正しい生活や肌にも良い食生活を取るようにして乾燥肌を対処したほうが良いという考えも伺えます。

そうは言っても、やはり効能のある化粧品は積極的に使おう!

一方、「効果的なものをたくさん使う手入れ」をあげた方の意見は次のようなものです。

・最低限ではケアがしきれないと思うので、効果的な物を色々試すと思います。(30代/女性/パートアルバイト)

・あまりにも過剰なケアは吹き出物のリスクが高まりそうだけど、甘やかさないともっと乾燥するから。(20代/女性/学生)

・乾燥肌なら保湿をしてあげないと、自然に保湿されることはないから。(30代/女性/専業主婦)

・たくさんの種類のケア用品までは不要だと思うけれど、タップリとした水分補給と保湿は、大切だと思う。(30代/女性/会社員)

自然に肌を放置していても、もっと乾燥はひどくなる。それならばきちんと効果的な化粧品などで乾燥を補ってあげた方が良い、といった意見です。
注目すべきは、とにかく肌の乾燥を防ぐ化粧品を「何種類も使うのではなく」、水分と保湿効果のある基礎的な化粧品を「しっかりと使う」事。過剰な量の化粧品は必要ないが、日々のお手入れを念入りに行うことが大切という事でしょう。化粧品そのものより、「正しい使い方」を重視した意見と言えそうです。

乾燥肌のお手入れは、それぞれの人に合ったものを!

アンケート結果は見事に二分され、正しい乾燥肌のお手入れ方法は人によって違うことが分かりました。
「今まで色々な化粧品を試したが、肌を甘やかさなくなったら乾燥肌が改善された」、その一方「お手入れを念入りにするようになったら、乾燥肌が改善された」といった意見もあり、人それぞれの肌にあった乾燥肌対策を見つける事が大切と言えます。
またいくら高額な化粧品を使っても、正しい使い方をしなければ効果は少ないようです。自分の肌に合った化粧品を選び、たまには肌本来の力を信じて放っておいてみる。乾燥肌対策は試行錯誤しながら、長期に渡って向き合う事が必要のようです。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29 30 – 39
  • 調査期間:2016年02月25日~2016年03月10日
  • 有効回答数:100サンプル