美肌になる秘訣!脂性肌を改善するためのスキンケア

美肌になる秘訣!脂性肌を改善するためのスキンケア

お肌のタイプは人それぞれです。肌に潤いが不足する乾燥肌はさまざまな肌トラブルを引き起こす原因にもなります。一方で皮脂が過剰に分泌する脂性肌もまた、肌のテカリが目立ってしまう、化粧崩れしやすくなるといったデメリットがあります。美しい肌を保つためには、それぞれの肌質に合わせたスキンケアを行うことが重要になってきます。

肌タイプを見極めよう!脂性肌の特徴とは

6_2

お肌に最適なケアを行うためには、自分のお肌がどのタイプに分類するのかを知ることが重要になります。皮脂の分泌量が多いお肌は脂性肌に分類されますが、その主な特徴は顔全体がテカリ、べたつきやすいことです。皮脂が過剰に分泌されてしまうと毛穴を開かせる、毛穴を詰まらせる、ニキビや吹き出物ができやすくなるといった肌トラブルを引き起こします。加えて脂取り紙やメイクで押さえてもテカリが落ち着かない、メイクが崩れやすいといった見た目のトラブルも起こしてしまうのです。脂性肌を見極める方法ですが、自分で判断する方法もあります。洗顔後しばらくスキンケアをせずに肌を放置しておいても肌がつっぱらない方は、脂性肌の可能性が高いと言えます。

皮脂の取りすぎに注意!脂性肌のケアも保湿が重要

皮脂の分泌が過剰な脂性肌の方は、スキンケアで過剰に分泌している皮脂を落とそうとしているはずです。実はこれがさらに脂性肌を悪化させる原因を作っています。皮脂を取りすぎると、肌は余計に皮脂分泌を過剰にしてしまうからです。脂性肌は水分と油分のバランスが乱れている状態ですので、そのバランスを整えるケアを実践することが肌質改善対策になります。脂性肌の方は皮脂が余分に分泌された状態ですから、まずはその余分な皮脂を取り除いて潤いをたっぷりと与えてあげましょう。皮脂を余分に取りすぎてしまうと肌は乾燥から守ろうとして、皮脂の分泌を活発にさせてしまいます。そのため、クレンジングや洗顔料を選ぶときは洗浄力がマイルドなタイプを使用するのがおすすめです。スキンケア製品ですが、脂性肌タイプのものを使用した方がいいでしょう。脂性肌用のスキンケア製品は使い心地がさっぱりしていて、肌のべとつきを抑えてくれる効果が期待できます。また、化粧水やクリーム、乳液のケアに美容液もプラスしてみましょう。美容液によるケアが肌質改善効果を高めてくれます。脂性肌におすすめの美容液はビタミンC誘導体が配合されている製品です。脂性肌は皮脂の分泌が過剰になっていますが、ビタミンC誘導体が皮脂の過剰分泌を抑えてくれるのです。また脂性肌にできやすいニキビの改善にも効果的です。

乾燥肌の改善はインナーケアも併せて行うと効果的!

肌に潤いが不足すると、乾燥肌になります。乾燥肌対策としてスキンケアによる外側からのケアだけでなく、内側からのケアも併せて行った方がより高い改善効果が期待できます。それは乾燥肌を引き起こしている原因に、食生活や生活習慣の乱れが多いに関係しているからです。乾燥肌対策のためには何でもバランスよく食べることが重要になりますが、
特に意識して摂りたい栄養素があります。一つは、たんぱく質です。私たちの体はたんぱく質でできており、お肌も同じです。たんぱく質が不足すると肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまい、肌が乾燥しやすくなるのです。たんぱく質を含む食品といえば、魚、肉、卵、豆類、乳製品などです。一つのたんぱく源に偏るのではなく、いろいろな種類を食べるように心がけましょう。また、良質の脂である必須脂肪酸の摂取も大切です。ダイエットのために油分を控えている方がいますが、それが乾燥肌の原因になっている可能性もあります。オリーブオイルやココナッツオイルといった植物性の油脂には必須脂肪酸がたっぷり含まれていますので、乾燥肌対策におすすめです。