美白のためのスキンケア成分、何を重視して選んでいますか?

スキンケア

スキンケア商品を購入する上で気になるのは、どんな効果が期待できる商品なのか、というところです。アンチエイジングの効果があるもの、高保湿なもの、低刺激なもの、挙げていくときりがありませんが、なかでも女性が重要視する効果のひとつが美白効果ではないでしょうか。今回は、そんな美白効果のあるスキンケア成分の中から、どんな成分の人気が高いのか、全国100名の女性にアンケートを取ってみました。

4
【質問】
美白のスキンケア化粧品に入っている成分のうち特に重視するのはどの成分ですか?選んだ理由も併せて教えてください。

【回答数】
トラネキサム酸:21
アルブチン:18
ハイドロキノン:22
その他:39

肌の漂白剤とも言われるハイドロキノンが一番人気!

アンケートの結果、ハイドロキノンと呼ばれる成分を重要視する声が一番多い結果となりました。

・ハイドロキノンは皮膚科でも処方されるものであるからスキンケア化粧品に入っているものも効果があると思う(20代/女性/無職)

・私はシミがよくできるので他の成分よりも美白効果が高いと言われているハイドロキシンが多く含まれているものを選んでいます。(20代/女性/専業主婦)

・今話題になっているので興味があり選びました。ただ、副作用が強いと聞くので、重視とまで言っていいのか不安ではあります。(20代/女性/会社員)

ハイドロキノンとは、日焼けやシミなどの原因になるメラニン色素を抑制する効果が高い成分で、肌の漂白剤とまで言われているほど絶大な人気を誇る成分です。雑誌などの美容コラムで読んだことがあり興味を持ったという意見もありました。一方で、強い成分であるためか、肌への刺激や使用後の副作用を心配する声もいくつか見られました。

肝斑にも有効なトラネキサム酸が第二位に!

ハイドロキノン成分に僅差で次いだのはトラネキサム酸でした。

・安全性が高く、シミや肝斑に効くと言われているため。シミが気になるから重視する。(20代/女性/会社員)

・紫外線の記憶をリセットしてくれると聞いて愛用しています。紫外線は気をつけていても必ず浴びてしまうので、シミ予防と薄くするために使っています。(20代/女性/パートアルバイト)

・美白と肌荒れをきにしているのでどちらにも効果があると言われるトラネキサム酸を見ています(20代/女性/専業主婦)

トラネキサム酸は、シミを発生させる原因となる物質をブロックして、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果のある美白成分で、一般的には治療が難しいとされている肝斑にさえも効くと言われています。アンケートでは、高い美白効果に納得したという声のほか、比較的安全性が高く、炎症を抑える効果があるため肌荒れにも効くという部分でかなりの人気を博しているようでした。

美白成分は自分で調べて上手に活用する!

アンケートではハイドロキノンやトラネキサム酸がかなりの人気であることが分かりましたが、そのほかアルブチンやビタミンC誘導体などの成分を回答している例もいくつか見られました。一見難しく思える成分名ばかりではありますが、アンケートの回答ではその成分を聞いたことがあるというだけでなく、詳しい効果を知っている人や、既に試した感想を書いている人も多く、関心の深さがうかがえました。安全性や副作用について述べられた意見もあり、興味を持った美白成分はしっかり自分で調べて、上手に活用している女性が増えているようです。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29
  • 調査期間:2016年09月09日~2016年09月23日
  • 有効回答数:100サンプル