症状別!乾燥肌の3つの対処法

症状別!乾燥肌の3つの対処法

乾燥肌で起こるさまざまな症状、早く改善させたいけど何をしてもよくならない、と悩む方も多いのではないでしょうか。改善させるのが難しい乾燥による3つの症状と、その対策方法についてご紹介します。乾燥肌で悩んでいるという人は必見です。

皮脂、汗が足りない!乾燥で粉を吹いてしまう時

症状別!乾燥肌の3つの対処法
毎日しっかりと乾燥対策の保湿を行っているのに、粉を吹いてしまう、という人も多いでしょう。乾燥肌は肌のバリア機能が低下しているので肌の内部から水分や油分が蒸散してしまいやすくなります。そこで気になって肌に触れたりすると肌表面の角層と呼ばれる部分がまばらに剥がれ落ちてしまい、粉を吹いたように見えるのです。この肌状態の時には、洗顔後や入浴後の保湿ケアを素早く行うこと、部屋が乾燥しないようにすることが大切です。洗顔や入浴の後の肌はとても乾燥しやすく、洗顔料やお湯、水などで肌を覆っていた皮脂膜が流されてしまい、水分や油分がより蒸散しやすくなっているのです。保湿のケアはなるべくスピーディーに丁寧に行うようにしましょう。また、部屋が乾燥していると肌内部の水分・油分は蒸散しやすい環境となります。特に注意しなくてはならないのはエアコンをつけたまま眠ることです。翌朝の肌は乾燥が進んでしまい、粉を吹きやすくなりますので、加湿のために濡れたタオルを干す、加湿器を使うなどして空気の乾燥を防ぎましょう。

乾燥で肌がかゆい…そんな時はこれ!

まず掻くのは我慢してください。乾燥でかゆみを感じているときに掻いてしまうと肌に傷がついてしまい炎症を起こしてかゆみがひどくなる可能性があります。かゆみを我慢するのがつらい時には、市販されているかゆみを抑える塗り薬を活用するのも一つの方法です。症状によってさまざまな種類が出ていますので、自分に合った物を選ぶようにしましょう。乾燥でかゆみを起こしてしまう場合、肌に触れるものに気を遣って刺激の少ないものを身に着けるようにしてください。洋服についているタグはきれいに切り取る、服の素材はコットンやシルクなどを選ぶなどの工夫が必要です。また、入浴時の体を洗う際には肌にやさしい素材のボディタオルを選んで、もし肌がいつもよりも荒れているな、と感じたらボディタオルは使わずに手で洗ってもいいでしょう。入浴後はしっかりと保湿をすることも忘れないようにしてください。

乾燥肌で小じわが多発?!という時の対処法

症状別!乾燥肌の3つの対処法
乾燥肌が原因で小じわができた場合、ここで食い止めなくては深いしわになってしまいます。この乾燥による小じわは肌の表面にあるバリア機能が衰えることが大きな原因になります。表情によってしわが刻まれやすくなってしまいますのでしっかりと保湿のケアをしてバリア機能を復活させることがポイントです。化粧水、乳液、夜のクリームでしっかりとケアし、乾燥の気になる部分にはクリームは重ね付けします。また、マッサージクリームを使ってマッサージすることで血行が良くなり、肌に栄養がいきわたりやすくなりますので週に2~3回フェイスマッサージをする習慣をつけるといいでしょう。スキンケアをするときには刺激を与えないよう、ゴシゴシこすらないようにすることが大切です。忙しいからと手早くゴシゴシとやってしまいがちですが、スキンケアアイテムを顔につけた後、毎回優しくハンドプレスをするなどして丁寧に行ってください。また、肌は寝ている間に作られます。睡眠時間が足りないと肌の生まれ変わりも十分に行われずに乾燥が進行してしまいますので、しっかりと休息はとるようにしましょう。睡眠時間が足りない人ほど肌トラブルが起こりやすくなってしまいますので規則正しい生活を送って乾燥肌を撃退してくださいね!

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。