生活が変わればお肌も変わる?敏感肌を治す生活習慣3つ!

生活が変わればお肌も変わる?敏感肌を治す生活習慣3つ!

敏感肌を治すには、生活習慣の見直しが大切です。肌に刺激を与えづらい清潔な部屋を保つことや、バランスの良い食事をとること。さらにターンオーバーのサイクルを乱す睡眠不足やストレスのためすぎを回避することで、肌の調子は整いやすくなります。これら3つに注意しながら生活することで、刺激に負けない強い肌を作ることができます。

敏感肌だと思ったら…まずは肌荒れしづらい環境作りから!

生活が変わればお肌も変わる?敏感肌を治す生活習慣3つ!
敏感肌は肌のバリア機能が低下し、肌が外からの刺激に反応しやすくなってしまった状態です。肌バリアは異物やダニ、化学物質といったアレルゲンや刺激が、肌にダメージを与えるのを防いでくれています。肌バリアが低下した状態でこれらの物質や刺激が肌に触れると、赤みやかゆみなどのトラブルが起こりやすくなってしまいます。敏感肌を改善するには正しいスキンケアも必要ですが、そもそも肌が荒れてしまわないよう極力刺激を肌に与えないようにすることも大切です。ホコリやダニ、花粉といった刺激物は肌に炎症を引き起こします。また肌の内部にアレルゲンが侵入してしまうことで、アレルギーを発症してしまうことも。敏感肌の人にとっては、スキンケアで敏感肌の改善を目指すと同時に、トラブルのもととなる刺激物から肌を守ることも重要になります。ここで盲点になりがちなのが部屋の状態です。ホコリがたまっていたり、カーペットや寝具にダニが発生していたりすると、肌が絶えず刺激されてしまいます。極力肌を刺激しないよう、まめに掃除をし、部屋を清潔に保つようにしましょう。

あなたの肌は食べたものでできている!食事を見直してみよう

外からのケアだけでなく内側からのケアも、敏感肌を治すのに効果的です。肌を作っているのは日々の食事です。敏感肌の人の肌では肌のターンオーバーが乱れており、肌バリア層を構成している角質層が正常に作られていません。ターンオーバーを促進し、健康な角質層を形成するのに必要な栄養素をとること。そして、肌の細胞のもととなる材料を補給すること。食事においてはこの2点を意識するようにしましょう。まず不足が心配なのが、肌のターンオーバーにおいて潤滑油の役割を果たしているビタミン・ミネラル類です。これらが不足してしまうと、新しい肌細胞をスムーズに作れなくなります。ビタミンB群や亜鉛といったビタミン・ミネラル類をしっかり補給するようにしましょう。次に、十分なタンパク質や脂質をとることも重要になります。タンパク質は細胞の材料になるほか、摂取したビタミンEを肌に届けるためにも必要です。現代の食生活では不足しがちな栄養素なので、意識してとらなければいけません。また脂質は細胞を構成する細胞膜、および肌のうるおいを保持してくれる細胞間脂質の材料になります。体内で合成できない必須脂肪酸、特に不足しがちなオメガ3脂肪酸を含む魚やアマニ油などをしっかりとるようにしましょう。

美肌のもとは十分な睡眠とストレスフリーな生活

生活が変わればお肌も変わる?敏感肌を治す生活習慣3つ!
敏感肌を治すためには、睡眠やストレスにも注意を払う必要があります。まず睡眠中はターンオーバーが活性化し、傷ついた肌の回復が行われる時間です。そのため睡眠不足に陥ってしまうと肌にダメージが蓄積していってしまいます。就寝してから最初の3時間は、特に肌の新陳代謝が活発になります。ここで良質な睡眠をとることが美肌への近道です。寝る直前の飲食やスマホなどは眠りの質を低下させてしまいます。逆に眠りの質を上げてくれるのは、寝る1時間ほど前にぬるめのお湯に入浴することや、夕方から就寝2時間前くらいの間に運動を行なうこと。就寝前は照明を落とし、雑誌や本を読みながらゆったり過ごすのもおすすめです。次にストレスについてですが、現代の日本人にとってこれは見逃せない問題です。実際、最近ではストレスが原因で敏感肌になる人も増えてきています。ストレスは免疫力の低下や血行不良を引き起こします。免疫力が低下すると、外からの刺激に対抗することができなくなって、肌にかゆみや赤みなどが起こりやすくなります。またストレスによって自律神経の働きが低下すると、睡眠のリズムが乱れて血行不良に陥りやすくなります。血行不良の状態ではターンオーバーもうまくいきません。肌のターンオーバーをスムーズなものにするためにも、十分に眠り、かつストレスをためすぎないように注意しましょう。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。