熱湯は乾燥肌の原因、お肌を守るための入浴ルールとは

熱湯は乾燥肌の原因、お肌を守るための入浴ルールとは

普段の入浴時に、どの程度の温度のお湯を使うのかということは個人の好みが出る問題です。中には熱めのシャワーを浴びたり、高めの湯温に設定した湯船につかったりするのを好んでいる方もいるかもしれません。特に、冷え込む冬場や身体に疲労が溜まってきた時、熱めのお湯を使う行為はとても気持ちが良いものです。しかし、乾燥肌の予防や改善という点だけで考えれば、こうした行為はおすすめできるものではありません。それが火傷をするような熱湯ではないとしても、お湯は水に比べて肌に負担をかけるからです。お湯は、肌が本来持っているバリア機能を弱め、水分保持能力を低下させてしまう力が強いのです。その結果、お湯に触れた肌は乾燥しやすい状態になります。日ごろの入浴習慣が乾燥肌の根本的な原因になっている可能性があるわけです。
私たちは毎日のように顔や身体を洗ったり、お風呂に入ったりします。もし、その過程に問題があったとしたら、それを改善しない限りはどんなに高価なスキンケア化粧品を使っても乾燥肌を根治することはできません。日常生活でお湯を使用する機会が多いからこそ、その使い方には気を配る必要があります。

肌を守るセラミドがより流出しやすくなる

どうして熱いお湯が乾燥肌に良くないのでしょうか。その理由は、肌の奥の角質層にあるセラミドにあります。脂質の一種であるセラミドは角質細胞同士の隙間を埋め、角質の表面にある皮脂の層と一緒になって角質層内の水分が蒸発するのを防いでいます。しかし、この皮脂やセラミドはあくまで脂質です。脂ということからも分かるように、水よりもお湯に溶け出しやすい性質があります。ですから、お湯の温度が高ければ高いほど、セラミドが角質の外へ流出しやすくなっていきます。お風呂に入る時などは40度以下のぬるめのお湯を使うようにするのがベストです。

入浴は肌がふやけない程度に

24_2熱湯は乾燥肌の原因、お肌を守るための入浴ルールとは

お湯の温度だけでなく、肌に触れる時間も重要です。たとえば、皮膚がふやけてしまうような長風呂は絶対にいけません。肌がふやけるということは、セラミドと角質細胞の結合が緩み、セラミドが角質層の外に出やすい状態になっているということを意味しているからです。入浴後に水分を含んでふやけた肌を見て、水分が肌の内部に届いてうるおったと感じるのは大きな勘違いといえます。乾燥肌に悩んでいる人こそ、早めにお湯から皮膚を離すことを心がけましょう。入浴ならば長くても30分以内に切り上げるべきです。特に半身浴はお湯に浸かるのが楽な分、長時間やってしまいがちです。半身浴を日課にしている方は特に注意するようにしましょう。

入浴後のケアが大切

24_3熱湯は乾燥肌の原因、お肌を守るための入浴ルールとは

どんなに気をつけたとしても、入浴時におけるセラミドの流出は、量を減らすことはできてもゼロにすることはできません。ですから、入浴後には失われたセラミドを外から補う必要があります。浴室から出た時点で、セラミドが配合された化粧品を使って保湿ケアを行うようにしましょう。入浴後の肌は、バリア機能が弱まっているので、とても乾燥しやすくなっています。入浴と保湿ケアの間の時間をできるだけ少なくすることが大切です。
また、入浴中には大量の汗をかきます。そのため、体内の水分量そのものが大きく減ってしまいます。うるおいがある肌というのは、角質層内に含まれる水分量が多いということです。その角質層に内側からうるおすためには、身体の水分量そのものを増やすことが必要です。ですから、入浴後は水分補給をするのが重要です。目安となる量はコップ一杯です。ただし、水分といっても何でも良いというわけではありません。中でもアルコール飲料は利尿作用があり、ますます身体の脱水症状を進めてしまうので、入浴後の水分補給にアルコールを選ぶのはやめましょう。