教えて!「ムダ毛をすく」良い方法!

スキンケア

半袖やノースリーブなど、露出の高い季節になると気になるのが自分の「ムダ毛」です。
日本人は欧米人に比べると、それほど毛深くないと言われています。しかしそれでもムダ毛を定期的にすくことをしないと、剛毛に見えてしまいますよね。ムダ毛を一気に脱毛出来するのが理想ですが、ランダムに生えてくる毛に対応するには、ある程度「すく」のが良さそうです。
ではみなさんはどのように自分のムダ毛をすいているのでしょうか?アンケートを取ってみました。

やっぱりカミソリなどで定期的にすく方法が便利!

アンケートの結果「定期的にカミソリを当てる」「脱毛用品を使う」といった回答が多く寄せられました。

・入浴前に脱毛クリームを使って大部分を処理し、入浴後にカミソリを使って残った毛を処理するとキレイになる。(20代/女性/無職)

・しっかりとクリームを塗って、全身をいっぺんに処理することです。(20代/女性/学生)

・カミソリでばっさり処理するのは、また生えてきた時に目立ってしまうので、眉毛は専用の櫛付きのカミソリで、アンダーヘアは髪の毛をすく用のコームで処理しています。(20代/女性/パートアルバイト)

・腕、足以外にも、ムダ毛の処理を一度で行う!1週間ほど楽が出来る。(20代/女性/会社員)

・剃るとまたすぐにはえてきてしまうので、毛抜きで根本から抜くようにしています。(10代/女性/学生)

・肌を痛めない程度にこまめに毛を処理することだと思います。けっこう大変です(20代/女性/無職)

・毛剃り機を使ってムダ毛をすく前に毛処理用のハサミを使って毛をある程度切ります。そのあとでカミソリ使うと効率的に、かつ綺麗にムダ毛の処理をすることができます。(20代/女性/学生)

定期的にカミソリや脱毛を自分で行うことにより、ムダ毛の生え方にムラができ、結果的に「すいている」ようになっています。
それでもアンケートを見るとやや「仕方なく行っている」という感じが読み取れ、カミソリ処置や脱毛が楽しくて喜んで行っている、といった意見はあまりありません。処置をしては生えてくるムダ毛に、格闘しながら試行錯誤自己処置をしている人が多いようですね。ムダ毛対策は多くの女性にとって「面倒くさい」ものというのが分かります。

ムダ毛との戦いは永久に続く!?

アンケートを見ると、みなさん実に様々な方法でムダ毛をすいていることが分かりました。ワキや腕、足やVゾーンの箇所にそれぞれにあった処置をしている人が多いようです。
もはや身だしなみに欠かせなくなったムダ毛の処理。処置を終えては別の箇所、時間が経てばまた最初から処置というふうに、永久に終わらないムダ毛との闘いにも見えます。
アンケートでは「お金はかかるが脱毛サロンに行き、だいぶ楽になった」という意見もありました。確かにこの戦いを終わらせるには、プロが行う「永久脱毛」という方法を利用してみるのもアリかもしれません。今年からは、思い切って自分の脱毛方法を見直してみてはいかがでしょうか。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】0 – 20 20 – 29
  • 調査期間:2016年04月05日~2016年04月19日
  • 有効回答数:100サンプル