敏感肌と乾燥肌…ダブルのお悩み、スキンケアも大変?

敏感肌と乾燥肌…ダブルのお悩み、スキンケアも大変?

ニキビ、シミ、シワ、くすみ…と肌に起きるトラブルと日々戦っているという女性は少なくないでしょう。日によって使う化粧品を変えたり、ケア方法を変えたりしているという人もいるかもしれません。しかし敏感肌、そして乾燥肌の人の場合、ちょっとした刺激が肌への負担となるので、思うようにケアができないということもあるでしょう。今回はそんなダブルで肌の悩みを抱える人に、スキンケアの苦労について聞いてみました。

化粧品選びから、戦いは始まっている!

やはり、敏感肌・乾燥肌の人はスキンケアに気を抜けないようです。

・一番大変なのは、新しいものを気軽に試せないことです。当たり前ですが、すべての商品に試供品があるわけではないため 新しいものを試すときは非常に気を使います。 それで無駄になったお金も何十万できかないほどです(20代/女性/無職)

・スキンケア用品を変えたときに肌が赤くなったりして使えなくなること(20代/女性/専業主婦)

・どの化粧水使っても赤くなってしまう。冬は乾燥して粉を吹くし、夏はすぐよれてしまう。だからと言って敏感肌なので厚塗りしてカバーできない。(20代/女性/自営業(個人事業主))

・自分にあったスキンケアを探すのがとても大変です。量も多いので少し使って処分ということがあまりできません。(20代/女性/学生)

・お風呂上りや洗顔後にすぐ乾燥してしまうこと。化粧水をつけるだけでも20分近く時間をかけて、やっと普通になります。(20代/女性/パートアルバイト)

・保湿です。朝の洗顔後と入浴後にはほぼ毎日コットンでパックを行います。冬は特にパックをしなければ肌がカサカサになり、化粧のノリも悪くなるため、時間がない場合でも怠りません。(20代/女性/会社員)

最も多かったのは「合う化粧品がなかなか見つからない」という内容でした。化粧水1つとってもドラッグストアに行けば様々な商品が並んでおり、その中から本当に自分の肌に合ったものを探すのは難しいのでしょう。合わないからといって「ハイ次」というわけにもいかず、なかなか苦労しているようです。また、ぴったりの化粧品に出会っていても、ケアを怠ったり方法を変えたりというだけでトラブルが起きてしまうという人もいました。敏感肌、かつ乾燥肌を抱える人は、人一倍スキンケアに気を使う必要があるのかもしれませんね。

ポイントは自分に合うかどうか!

今回の調査では、敏感肌・乾燥肌を自覚している人は、特に化粧品選びに苦労しているということがわかりました。化粧品には様々な成分が含まれており、なかには人工的に配合されている成分も少なくありません。敏感肌・乾燥肌の場合はそういったちょっとした刺激がすぐにトラブルに直結してしまうことが多いため、慎重にならざるを得ないのでしょう。自分にとって正しい化粧品、そして正しいスキンケア方法を選ぶことこそが、美肌に近付く第一歩なのかもしれませんね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29
  • 調査期間:2016年09月23日~2016年10月07日
  • 有効回答数:100サンプル