敏感肌と乾燥肌ってどう違うの?

敏感肌と乾燥肌ってどう違うの?

敏感肌はケアアイテムの成分に注意する

敏感肌はケアアイテムの成分に注意する

敏感肌とは外部からの刺激に対し、一般の方よりも敏感に反応してしまう肌のことです。主な原因としては、精神的なストレスや生活習慣の乱れが挙げられます。肌を保護するバリア機能の低下や肌のターンオーバーが正常に行われないことで皮膚の健康が損なわれ、普通なら問題にならない程度の刺激に痛みを感じたり、洗剤や化粧品の種類によって赤みやかゆみが生じたりするようになります。また敏感肌の症状には個人差があり、肌がどんな刺激や成分に過敏に反応するのかは人それぞれです。そのため敏感肌の方は肌の調子を整えるスキンケアアイテムを使用する際も、その含有成分に注意しなければなりません。化粧水や美容液や乳液やクリームなど、スキンケアアイテムには多くの種類があり、中には敏感肌の緩和を目的として作られた商品もあります。そうした商品は肌の刺激となる成分を極力配合していない、もしくは配合量を低く抑えてはいるものの、使用者の体質によっては思わぬ成分が過敏な反応を引き起こす恐れがあるため、いくつかの商品を試して自分の肌に合うものを見つけ出さなければならないのです。自分の肌がなんの成分に弱く、どの成分なら平気であるかがわかれば、低刺激かつスキンケア効果の高い商品の吟味も可能になります。

乾燥にはまず保湿を意識する

乾燥肌とは水分や皮脂の不足によって皮膚から正常な潤いが失われている状態の肌のことを指します。主に環境の変化や加齢、ストレスや乱れた生活習慣が原因となります。角質層の機能が低下することで肌に備わっている水分保持能力やバリア機能が弱まり、皮膚表面部のしわやひび割れ、ひりつくようなかゆみや痛み、ニキビや湿疹、肌がかさついて白い粉が出る、などの症状が現れます。また乾燥肌によって敏感肌が引き起こされる場合もあります。乾燥肌のケアには保湿が重要となりますが、単純に肌に水分を与えればいいというわけではありません。肌自身がバリア機能を回復させ、細胞間脂質や天然保湿成分などを作り出せるような保湿ケアが必要となるのです。そのため乾燥肌のスキンケアには肌のバリア機能の主要成分であるセラミドやアミノ酸、ミネラルなどを配合した商品を選びましょう。さらに保湿成分の生成を促すビタミンAやビタミンB2、ビタミンB6や亜鉛を摂取することで、バリア機能の回復促進効果が向上します。肌本来の保湿成分を含まず、保湿成分の生成を助ける作用を持たないような化粧水や美容液で誤ったスキンケアを行うと肌の状態が悪化する可能性があるため、充分に注意しましょう。

2つとも心遣いが必要な肌

2つとも心遣いが必要な肌

敏感肌も乾燥肌も、多くは健康面の不調が原因となります。それゆえスキンケア商品選びも大事ですが、なによりも日常的で健康的な自己管理が必要となるのです。特に生活習慣は重要で、不規則で質の悪い睡眠を取っていると健康な肌を生み出すためのメカニズムが狂い、肌のターンオーバーが乱れることでさまざまな肌のトラブルを招きやすくなります。また偏った食生活が新陳代謝や内臓機能の不調に繋がり、肌質に悪影響を与える原因となりえます。さらに一部の栄養素が極端に不足して脳が栄養失調状態に陥り、神経伝達物質が正常に生成されなくなることで自律神経がバランスを失って、肌の健康を損なう可能性も考えられるのです。自分の健康をしっかりと管理すれば肌のトラブルを未然に防ぐことは可能なので、敏感肌や乾燥肌の悩みをお持ちの方は日々の生活を見直してみるのも良いでしょう。健康的な自己管理と自分に合ったスキンケア商品の使用を継続することで、敏感肌や乾燥肌の症状緩和も期待できます。ただしアレルギーや病気が原因で起こる肌のトラブルは自己管理や市販品によるスキンケアだけではどうにもできないこともあります。もしも敏感肌や乾燥肌の症状がひどかったり長引いたりする場合は、一度病院で診察を受けてみたほうが良いでしょう。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。