敏感肌でのつらいかゆみに効果的な対処法とは?

ちょっとした刺激でもかゆみが出てしまう敏感肌の人は、肌トラブルが起きることも多く悩みが尽きません。そんな敏感肌のかゆみを改善する方法はあるのでしょうか。かゆみがつらい敏感肌の人が注意すべきポイントを挙げていきます。

敏感肌のかゆみは保湿がカギ

敏感肌の人は、通常よりも肌のバリア機能が弱く、わずかな刺激でもかゆみを感じてしまう肌の構造になっています。またバリア機能の低下で乾燥しやすい状態にもなっているのです。敏感肌でのかゆみを防ぐためには、肌のバリア機能を正常に働かせる必要があります。そのために効果的なのは保湿ケアです。保湿ケアといってもどのような化粧品でも使えるというわけではなく、できるだけ低刺激のスキンケア用品を使用して化粧品による刺激を抑えるべきでしょう。敏感肌用に刺激の少ないスキンケア用品も市販されていますから、そうしたものを選んで使うのがおすすめです。また肌のうるおいに不可欠であるセラミドを含んでいるものは、角質細胞間の脂質と水分を安定してとどまらせることができます。そして、単に保湿成分のあるスキンケア用品だけを使うよりも、肌の水分が逃げないようにするものを合わせて使うと良いでしょう。例えば、化粧水だけを使うと逆に水分が蒸発してしまって乾燥の原因になることもあります。そこで、化粧水をつけた上から乳液やクリームなどで水分が逃げないようにフタをすることで、補った潤いを保つことができるようになるのです。薬局で市販されているワセリンやスクワランなどを含んだスキンケア用品は、肌の水分が逃げないようにするために有効です。

症状がひどくなったら病院へ

5-2

毎日保湿を頑張っていても、かゆみがひどくなってかきむしって傷ができたり、湿疹ができて赤くなってしまったりなどのトラブルが起きてしまうことがあるかもしれません。一度傷や湿疹になってしまったところは肌のバリア機能がさらに落ちてしまい、もっと激しいかゆみを増発させる原因になってしまうのです。こうした悪循環を繰り返した肌はボロボロになってしまい、セルフケアだけでは追いつかなくなってしまいます。肌に起きた炎症がひどくなってきたときには、我慢せずに病院に行って診察を受けましょう。肌の専門家である皮膚科医の適切な治療を受ければ、肌トラブルは改善に導かれるでしょう。医師から処方された薬の中には炎症を素早く鎮めるステロイド剤が含まれていることもあります。ステロイド剤は特に医師の指示に従って正しく用いるようにしましょう。また、保湿ケアの方法や毎日の生活習慣について指導してくれる医師もいますから、処方された薬と合わせてケアを行えば、ひどい症状は改善されていきます。

かゆみの予防は毎日のケアで

5-3

敏感肌の肌質自体は一朝一夕に改善されるものではなく、生まれつきの場合が多いですからその肌質と長く付き合っていく必要があります。敏感肌のかゆみを予防するには、毎日欠かさず適切なスキンケアを行うことが大切です。肌のバリア機能のくずれは、1日2日の保湿ケアでは改善できません。毎日きちんとスキンケアを行って、肌のターンオーバーを促進させることで新しい肌に生まれ変わらせることができるのです。肌のターンオーバーではだいたい2カ月程度かけて新しい細胞が作り出されますから、肌の状態を改善させるまでに少なくとも2カ月程度はケアを続けることが大切です。そして、それ以降のケアでも毎日きちんとした保湿を欠かさないことが、かゆみを防止する最善の策となります。きちんと保湿された健康な肌の状態ならわずかな刺激でかゆみを感じることが少なくなり、肌のトラブルも減っていくでしょう。また、不規則な生活やストレスなどもできるだけ改善していけば、肌のバリア機能の乱れを防いでかゆみが発生しにくくなります。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。