放っておくと重症化も?乾燥肌が蕁麻疹の原因になるかも

放っておくと重症化も?乾燥肌が蕁麻疹の原因になるかも

乾燥肌は放っておくと症状が悪化する

空気が乾燥する冬はもちろんのこと、一年中乾燥肌に悩んでいる人は少なくありません。しかしその乾燥肌、実は放っておくと症状が悪化するというのを知っていましたか。カサカサ肌や、肌に赤みが出てヒリヒリする場合には要注意。すでに悪化し始めているかもしれません。乾燥肌を放っておくと、次第に皮膚の表面が剥がれ始めます。少しの摩擦でも肌がヒリヒリしたりニキビができたりするようになりますし、シミができるようになってしまいます。また粉が吹くようになり、かゆみにつながる元となります。これがひどい場合には蕁麻疹の原因にもなるのです。また乾燥肌は角質層が剥がれている状態なので、バリア機能が低下します。そうなると外部からの刺激に敏感になるため、健康な肌を作れなくなり、悪循環となってしまうので放置は禁物です。

とくに温度差や乾燥が激しい冬場は注意

乾燥肌が特にひどくなるのが、寒さの厳しくなる冬場です。冬は湿度が低いため空気が乾燥しており、それが直に肌に影響します。同時に寒さが血行不良の要因にもなり、健康な肌を保つのが難しい環境になります。そのため冬場に対策を怠ると、蕁麻疹につながってしまう危険性があるので、注意が必要です。それでは冬場はどのような対策が良いのでしょうか。ひとつは「暖房の使い方に注意すること」。暖房をつけることで部屋は乾燥した環境になります。そこで加湿器や洗濯物を部屋干しするなどして、部屋の湿度を50%以上に保つようにしましょう。こうすることで過度の乾燥を防げます。もうひとつは「冷水から手を守ること」。冬場の冷たい水はカサカサの原因となるので要注意。特に手は頻繁に刺激にさらされる部位なので、蕁麻疹にもなりやすいところです。洗い物などは素手ではなくゴム手袋をするなどして、冷水に触れない工夫をしましょう。

熱いシャワーやお風呂も原因に

乾燥肌で特に痒みに悩んでいる人は、意外と熱いお風呂が好きなもの。というのも、熱さによって痒みが治まるような気がするためです。しかしこれは錯覚に過ぎません。熱いお湯で一時的に感覚がマヒしているだけで、お風呂を出るとすぐに痒みはぶり返してくるでしょう。また熱いシャワーやお風呂は実は乾燥肌には逆効果。熱いお湯に入ることで身体の皮脂が流されてしまい、乾燥肌の症状を加速させてしまうことになります。38~40度程度のぬるま湯につかるのがおすすめです。またナイロンのタオルなどでゴシゴシ身体を洗っている人は要注意。痒みに耐え切れずこすってしまう人もいますが、肌の潤い成分まで落とすことになりかねません。身体を洗う際には手で洗うのをおすすめします。とにかく、強い刺激は乾燥肌の天敵になるので注意しましょう。

対策には痒みを抑える保湿クリームを

乾燥肌の対策として最もおすすめなのは「保湿クリーム」です。乾燥肌は自然治癒することがあまりなく、先ほど説明したように放っておくと悪化することもあります。それを防ぐために、乾燥した肌に保湿クリームを塗りましょう。多くの種類の保湿クリームが売られていますが、注目したいポイントはふたつ。ひとつ目は「水分と油分の比率に注意すること」。実は肌の保湿をするためには、水分だけでも油分だけでもダメ。肌に合う水分と油分の比率には個人差があるので、いくつか試して自分に合ったクリームを選びましょう。ふたつ目は「肌に刺激のある成分は避けること」。当然ながら、乾燥肌はバリア機能が衰えている状態。中には香料やアルコールの含まれたクリームもありますが、悪化しかねないので避けるようにしましょう。保湿クリームを毎日欠かさず塗ることで、次第に痒みも治まってくるはずです。このように蕁麻疹にならないためにも肌を刺激する要因をなるべく取り除き、保湿クリームで健康な肌を維持しましょう。