悩ましい敏感肌…適切なスキンケアはどんなもの?

悩ましい敏感肌…適切なスキンケアはどんなもの?

女性の場合、肌荒れが起こると憂鬱な気分になってしまう人は少なくないでしょう。特に敏感肌の人は化粧品が合わなかったり、季節の変わり目で肌荒れを起こしたりと肌トラブルを抱えやすく、苦労している人は多いのではないでしょうか。キレイな肌を目指して毎日ケアをしているけど、どうにも良い方法が見つからない…そんな人のために、敏感肌に悩む女性たちにどのようなスキンケアを行っているかを聞いてみました。

なるべく刺激を抑えたい…肌に優しいスキンケア

みなさん、独自のやり方があるようです。

・敏感肌用の基礎化粧品に変える。 特にアルコールの入っていないものを使用する。(20代/女性/パートアルバイト)

・クレンジングはできる限り短時間で済ませるようにして肌への刺激を抑え、化粧水などの保湿はアルコールが入っていないものを使うようにしています。(20代/女性/学生)

・敏感肌用の化粧水を塗ったり、あまりにも悪化してしまったときは皮膚科に行きます(20代/女性/専業主婦)

・顔を洗わず、保湿は最低限(ワセリンのみなど)にして、とにかく肌に負担をかけない。そしてできるだけ早めに皮膚科を受診する。(20代/女性/無職)

・皮膚科に行き、肌の状態をよくするため治療します。あとは化粧品があっているか調べたりします(20代/女性/パートアルバイト)

・あまり肌に負担をかけたくないので余計なスキンケアをしないで洗顔だけしっかりするようにします。(20代/女性/パートアルバイト)

・逆にほとんどスキンケア用品を使わないようにしてアレルギーなどが出ないようにします。(20代/女性/学生)

「化粧品を敏感肌用に変える」という意見が多く挙がりました。肌を守るためのアイテムも、敏感肌の場合には刺激になってしまうことがあります。あらかじめ低刺激のものを選んでおけば安心して使うことができますよね。普段使っているアイテムを変えるだけなので、簡単に取り組みやすい方法ともいえます。もしくは皮膚科へ行って様子を見てもらうという人も多くいました。プロのアドバイスを貰えば、より自分の肌の状態に合ったケア方法ができるのではないでしょうか。他にもあえて「何もしない」という意見もあり、敏感肌対策としてできることはいろいろあることがわかりました。

ポイントは自分なりの方法を見つけること?

今回の調査では、敏感肌用のスキンケアとしては「刺激を抑える」ことに重点を置いている人が多いことがわかりました。やりすぎなスキンケアは肌によくない、とも言われますから、スキンケアは”やればいい”というわけではないのかもしれません。特に敏感肌の場合、いつも使っているものでも肌の状態次第でその効果が左右されます。なるべくトラブルになりにくいものを…という気持ちは頷けますよね。他にも皮膚科へ行って相談したり薬を処方してもらったりという人もいました。いずれにせよ、敏感肌の人は人一倍ケア方法に気を付ける必要がありそうですね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29
  • 調査期間:2016年10月13日~2016年10月27日
  • 有効回答数:100サンプル