寝起きの肌は汚れたっぷり!正しい朝のスキンケアできれい肌を目指そう

寝起きの肌は汚れたっぷり!正しい朝のスキンケアできれい肌を目指そう

寝起きの肌は結構汚れてる!

しっかり洗顔して寝ても、起きたら肌がテカっていたという経験はありませんか。油性肌の人は寝起きにあぶらとり紙を肌に当ててみると、かなりの皮脂が取れると思われます。これは寝ている間にも皮脂が分泌されているからです。入浴時にきれいに洗って清潔な状態で寝たつもりでも、朝になったら肌は結構汚れています。洗顔を怠るなどして汚れを放っておくとニキビや肌荒れの原因になります。肌トラブルを引き起こさないようにするためにも、毎朝きちんとスキンケアする習慣をつけたいものですね。朝食作りやお弁当作り、着替え、出勤準備など、朝は何かと忙しい時間帯で、特に子どもがいるとついつい自分のことを後回しにしがちな人もいるでしょう。しかし汚れた肌を気にかけてあげることも忘れないようしましょう。きちんとお手入れされたきれいな肌だと化粧ノリも良いですし、1日のスタートも気持ちよく切ることができるはずです。

ぬるま湯洗顔、しっかり洗顔・・・肌質で洗顔方法を変える

毎朝の洗顔では肌質にふさわしい洗顔方法で洗うことが大切です。乾燥肌の場合は、お湯で洗うと皮脂が落ちすぎてしまうおそれがありますので要注意です。肌のうるおいを保って洗う、ぬるま湯洗顔が良いでしょう。油性肌の場合はぬるま湯や水で洗っただけではベタつきが残るかもしれません。しっかりと汚れを落とすためにも洗顔料をよく泡立てて洗い、それからぬるま湯や水で丁寧にすすぐようにしましょう。洗うときは洗顔料をごしごしこすりつけると肌を痛めてしまいますので、泡を肌の上で転がすようにやさしく洗うことがポイントです。ドラッグストアなどで売られている泡立てネットを使うとすばやくきれいに泡立ちますのでおすすめです。自分の肌質をよく見極めてふさわしい洗顔方法を選ぶことが、肌を美しく保つことにもつながりますよ。

時短!蒸しタオル美容法やふき取り化粧水もおすすめ

朝は忙しくてなかなかスキンケアの時間が取れないという人におすすめなのが時短のお手入れ方法です。丁寧に洗顔するのがベストですが、時短でも肌を清潔に保てないことはありません。蒸しタオル美容法は電子レンジでチンしたタオルを当てて毛穴を開かせ、汚れを取るというものです。家に電子レンジさえあればできる、お手軽なお手入れ方法です。さらに市販のふき取り化粧水を使うという手もあります。洗顔する代わりに化粧水を染み込ませたコットンでふき取るだけなのでかなり楽ですよ。洗顔料を泡立てたり何度もすすいだりする必要はありませんので、スキンケアに時間をかけられない人にはぴったりです。ふき取り化粧水ですが、乾燥肌用、敏感肌用、油性肌用など肌質を考えて作られたものもあります。使う時には自分の肌に合ったものを選びたいものです。

しっかり保湿で皮脂の過剰分泌やメイク崩れを防ぐ

朝のスキンケアは洗顔後の保湿も大切です。保湿が足りていないと皮脂が過剰分泌するので、ニキビなど肌トラブルの原因になることもあります。また、保湿不足は肌トラブルだけでなくメイクにも悪影響を与えます。皮脂が過剰分泌してテカると、メイク崩れしやすくなり、何度もメイクを直さなければいけなくなります。できるだけ肌をきれいに保ちたいですが、日中何度もメイクし直すのは面倒なのでできるだけ避けたいものですよね。朝のスキンケアでしっかり保湿すれば、メイクが崩れにくい土台作りができます。乾燥肌はもちろんのことですが、油性肌でも保湿は欠かせません。油性肌はニキビができやすいですが、保湿不足で皮脂の過剰分泌が起こるとニキビがさらに悪化することも考えられます。自分の肌に合った化粧水や乳液、クリームなどで念入りに保湿することを心がけたいものです。毎朝自分の肌質に合った洗顔方法で洗顔することとしっかり保湿をすることを心がけて、美しい肌を目指しましょう。