加湿器は乾燥肌の強い味方!乾燥肌を改善してプルプル美肌を目指そう!

10-1

冬の乾燥時期や冷房などで湿度が大幅に低下すると肌の潤いを奪ってしまうため、乾燥肌を引き起こしたり悪化させたりする原因になります。湿度を高めてくれる強い味方、加湿器を使って乾燥肌改善に有効活用してみましょう。

乾燥肌改善に加湿器!保湿力が大幅アップ!

肌の乾燥状態が悪化してくるのは、とくに秋や冬といった空気が乾燥する季節でしょう。それは空気中の湿度が低下して肌の水分を奪うようになってしまうからです。外出中の湿度をコントロールすることは難しいですが、室内であれば加湿器を使って湿度を調整できます。冬になると室内の湿度は20%ほどに下がることも稀ではありません。肌の適度な潤いを保つのに適切な湿度は約40%から60%だといわれていますので、湿度が下がれば肌の乾燥が加速してしまいます。そこで加湿器の力を借りて湿度を適度に保ち乾燥肌緩和を目指しましょう。また湿度が高くなると体感温度も上がり、新陳代謝を活発にする効果も期待できるようになります。秋冬は気温が低下して代謝も鈍りがちになりますが、それが冷えや肌の乾燥につながるのです。代謝がアップすると体が温まりやすくなり冷えの改善にも効果的ですし、皮脂分泌も活性化していきますので肌の乾燥緩和にも働いてくれます。ただし湿度は高ければ高いほど良いというわけではありません。湿度を高くしすぎてしまうと不快症状が現れやすくなりますし、カビの繁殖をすすめてしまいますので注意が必要です。

小じわは肌の乾燥も大きな原因!小じわ対策にも加湿器を活用

10-2

乾燥肌の方は肌の水分量、皮脂量共に少ないため、小じわができやすくなります。加湿器を小じわ対策、改善に役立ててみましょう。この小じわですが、放っておくとやがて深いしわとして刻まれるようになってしまうため、小じわのうちにケアをしておくことがとても重要になってきます。他にも紫外線による影響や肌の老化も小じわを作る原因になりますので、あわせて対策が必要です。乾燥肌の方は、主にセラミドなどの保湿効果の高い成分が配合されている化粧品を使って乾燥肌改善を試みているでしょうが、せっかくスキンケアで肌を保湿しても室内の空気が乾燥していると潤いが逃げてしまうのです。加湿器で適度な湿度を保ち、スキンケア製品でチャージした潤いを逃がさないようにしましょう。小じわ対策に効果的な加湿器の活用法ですが、スキンケアの時と就寝中に集中して使用するのがおすすめです。加湿器のスチームをお肌にあてるとお肌が温まり、毛穴も開いてスキンケア製品の浸透力がアップします。また就寝中に空気が乾いていると肌の乾燥がすすみやすくなりますので、加湿器で室内を潤しておきましょう。翌朝の肌がしっとりしてきますし、インフルエンザや風邪予防にも役立ちます。

外側と内側からのダブルケアで乾燥肌を改善

10-3

乾燥肌の改善方法は、スキンケアや加湿器の利用といった外側からのケアが中心になりがちです。もともと肌は自ら肌を潤わせる力を持っていますので、それを引き出す内側からのケアを行うことでスキンケアとの相乗効果が期待できます。内側からのケアで気を付けたい点の一つが睡眠を十分にとることです。睡眠中は成長ホルモンと呼ばれるホルモンが活発に分泌されるのですが、これには傷ついた細胞や神経を修復させる働きがあります。睡眠不足が続くと乾燥肌などの肌トラブルが目立つようになるのは、ダメージが修復できないためです。成長ホルモンが活発に分泌されるのは夜の10時から2時の間といわれています。この間に眠りにつくことも大切ですが、成長ホルモンは深い眠りについた時に分泌されますので、睡眠の質を高めることも大切です。偏った食事も乾燥肌を悪化させる原因になります。栄養不足が続くと内臓機能が低下してきて代謝が鈍り、肌も乾燥しやすくなります。加工食品やインスタント食品、脂っこいものや甘い物は控えて、肌や体の栄養となるたんぱく質やビタミン、ミネラルを意識して食べるように心掛けましょう。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。