冬に起こる蕁麻疹!その原因は乾燥肌の可能性も?原因から対処法まで

12-1

冬に起こる蕁麻疹、その原因は乾燥肌にあるかもしれません。肌が乾燥していると、外気の影響やちょっとの刺激で肌が大きなダメージを負うこともあります。ここでは冬の乾燥肌による蕁麻疹の原因と対処法についてご紹介します。

寒暖差が引き起こす蕁麻疹

蕁麻疹は、皮膚の内部にある肥満細胞が刺激を受けてヒスタミンという化学物質を出すことで起こります。ヒスタミンは血管を拡張する作用とかゆみを引き起こす作用があり、ヒスタミンが血管からあふれて血管の外に出ることで皮膚の下にヒスタミンが溜まって蕁麻疹ができるのです。寒い冬、寒暖差が刺激となって蕁麻疹となるのですが、特に乾燥肌の人は皮膚の水分と油分が少なく、肌を守るバリア機能が衰えています。その場合、外的刺激からダメージを受けやすくなりますので蕁麻疹も起こりやすくなります。乾燥肌や敏感肌の人は寒暖差も肌へのダメージが大きいので、急激な温度差を感じるような場面を作らないように気を付けなくてはなりません。

温めすぎてない?温熱蕁麻疹の可能性

12-2

皮膚が急に温まることが原因で起こる温熱蕁麻疹というのがあります。体が全体的に温まった場合に出る蕁麻疹と、一カ所がものすごく温まった際に出る場合とがあります。カイロ、湯たんぽなどを使って一カ所が急激に温まった場合や、運動していて体が温まった時、冷えた体を湯船で温めた時など、日常の様々なシーンで温熱蕁麻疹は起こります。ひどい時には満員電車に乗る時などにも発症する場合もあります。強いかゆみを伴う傾向にありますが、乾燥肌の人はバリア機能が衰えていますので掻くと刺激になってしまいます。掻くのを我慢して様子を見るようにしたほうが良いでしょう。痒みのひどい時には、痒い場所を冷やしてあげると痒みが和らぎますので、痒みが我慢できない時には試してください。普段から温熱蕁麻疹にならないようにするには、お風呂はぬるめのお湯につかるようにする、カイロなどはなるべく使わない、乾燥肌を改善させるべく保湿に励む、室内と外の寒暖差をなくすようにするなどの対処法があります。また、血行が悪い人も温熱蕁麻疹になりやすいですので、日頃からマッサージをしたり普段から体を動かしたりして血行を改善しておくと良いでしょう。栄養バランスの良い食事も乾燥からくる蕁麻疹対策には欠かせません。蕁麻疹の症状が辛い場合や、何度も繰り返すような時、異変を感じた時などは医療機関の受診をおすすめします。

乾燥肌は、温度差や外気の刺激に弱い

12-3

乾燥肌は水分や皮脂が十分でないために肌を守るバリア機能も十分機能していません。そのため、外気の影響を受けやすく、温度差はもちろん空気の乾燥などにも敏感に反応してしまいます。乾燥肌から敏感肌に移行してしまう可能性もありますので注意しましょう。日頃からお風呂上りや気になった時にはこまめに保湿するなど、ケアを習慣化するよう心掛けてください。お風呂に入る時には熱いお湯につかると肌がより乾燥しやすくなってしまいますので、乾燥肌で悩んでいる時にはお風呂の温度をぬるめに設定し、長時間の入浴も乾燥肌の原因になりますから避けるようにします。また、体の乾燥は身につける衣服などにも気を付ける必要があります。コットンやシルクなどの自然素材のものを選ぶようにして、肌への負担を和らげるようにしましょう。衣服からの肌への負担は、思った以上に大きいものです。衣服のタグなどが原因で肌にダメージを負うこともありますので、乾燥肌の人は肌にあたるタグは綺麗にハサミで切り取るなどの工夫をしましょう。保湿のケア、衣服の見直し、お風呂の入り方と、乾燥肌を克服するには様々な方法がありますのでぜひ試してみてください。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。