乾燥肌を治したい!そんな時は逆に肌断食で基礎化粧品を断とう

乾燥肌を治したい!そんな時は逆に肌断食で基礎化粧品を断とう

乾燥肌に悩んでいる女子は、乾燥肌に良いと言われる化粧水や美容液を使ったり、食生活や不規則な睡眠時間を改善したりと、涙ぐましい努力を既にやっていることでしょう。しかし、思ったよりも効果が上がらず努力が報われずに終わっている人も多いかもしれません。何をやっても肌質が改善されなかった場合、一体どうしたらいいのでしょうか。
実はその努力が裏目に出ている可能性があります。どんなに努力しても乾燥肌が改善しなかった女子は、肌断食と呼ばれる基礎化粧品を使わない乾燥肌対策を実践してみましょう。逆転の発想で乾燥肌を考えれば、肌質の改善が期待できます。

基礎化粧品でのスキンケアのデメリットって何?

基礎化粧品を使ったスキンケアは、乾燥肌の女性にとっては欠かせない毎日の日課になっていることでしょう。しかし、化粧水や美容液が肌に合う人はそれで良いのですが、乾燥肌体質の人は元からお肌自体が弱く、乾燥でさらにお肌の表面に細かい傷がたくさんついている状態の人も多くいます。そのような状態で化粧水や美容液を使ったら、逆に肌にダメージを与えてしまうことになりかねないのです。基礎化粧品はつけた時は肌が潤う感じがしますが、その後時間が経つと肌に染み込んでいくので、乾燥で傷んだ肌を刺激する可能性があります。どんなに軽めのお化粧にも多かれ少なかれ肌に負担をかけている事実を知っておきましょう。
また、元からお肌が弱い人はアレルギー反応が出やすいという特徴もあります。同じ化粧品を長く使うことによって、肌が化粧品に対して過剰な反応を示すケースも見られます。少しでも自分に合わないと思ったら、使用をやめたほうがいいでしょう。

肌にも休息が必要!何もつけない時間を作ろう

20_2

人間には汗や皮脂と呼ばれる天然の化粧水と乳液が体から分泌されているため、基礎化粧品をつけなくても肌が保護されています。基礎化粧品をつけることによって、私たちが本来持っている体の機能を十分に活かしきれないこともあるので注意が必要です。お肌に良い成分が入っているとは言え、毎日のように人工的な物質を肌につけるのは避けたほうが無難でしょう。乾燥肌が一向に改善しない女子は、徐々に基礎化粧品の量を減らし、なるべく体から出る天然成分100%の分泌液で肌を保護してあげることが大切です。基礎化粧品をほとんどつけない肌断食の期間を設ければ、お肌がゆっくりと休むことができるので、少しずつ汗や皮脂を分泌する正常な肌の状態へと戻っていくかもしれません。

それでも最低限のスキンケアは必要?正しい肌断食のやり方とは

20_3

お肌を休ませる肌断食ですが、やり方を間違えると乾燥肌がひどくなることもあるので注意しましょう。ダイエットをする時に、何も食べない断食状態を数日続けるなんてことは普通しませんよね。徐々に食事の量を減らすのがダイエットの正しいやり方と言えるでしょう。肌断食も同様に、いきなり今までやっていた基礎化粧品を使ったスキンケアをバッサリと断つことはやめたほうがいいのです。急激な変化にお肌が対応できず、乾燥肌がより深刻になる恐れがあります。まずは基礎化粧品の量を徐々に減らしていくことから始めましょう。段々肌から汗や皮脂が出てくるようになったら成功です。
また、汗や皮脂には日焼け止めの効果はないため、外出する場合などに、日焼け止めを肌につけたい時もあるでしょう。しかし、メイクや日焼け止めをダイレクトにお肌につけることはよくありません。天然の皮脂だけでは力不足の場合があるので、肌断食をする際にも最低限基礎化粧品で肌を覆ってあげることは大切です。肌質が持ち直し、慢性的な乾燥肌から解放されれば、多少の基礎化粧品で肌が荒れることはないので、適度に利用してメイクや日焼け対策に役立てましょう。