乾燥肌をトータルケア!「肌活」であふれる透明感を取り戻そう

乾燥肌をトータルケア!「肌活」であふれる透明感を取り戻そう

寒い季節にカサカサと乾燥するお肌…やっと冬が終わったと思ったら紫外線のダメージでインナードライになってしまうこともあります。乾燥肌の悩みは年中無休で襲い掛かってきます。お肌が乾燥してカサカサしていると肌の赤みやくすみも気になりますよね。女性なら誰しも憧れるのが透明感のあるすべすべお肌です。そこで今回は、透明感を取り戻す乾燥肌にお勧めのスキンケアをご紹介します!

洗いすぎNG!朝の洗顔は、短時間で済ませよう

毎日お手入れしっかりしているのに、なぜか乾燥したりトラブルが起きがちだったりするという人はスキンケア方法が間違っているかもしれません。朝からしっかりと洗顔していませんか。実は人間のお肌は夜寝ている間に毛穴から油分が出て、肌の保護膜である肌バリアを形成しています。この肌バリアにはお肌の常在菌も含まれており、中でも善玉菌が肌バリアの形成に大きく関わっています。ところが、朝から洗顔料や洗顔せっけんなどでお肌の油分を全部洗い流してしまうと、この肌バリアも壊れてしまい、お肌はむき出しの状態になってしまいます。お肌の油分が失われたことを自律神経が察知すると、急いで油分を補給しようと命令を出します。この油分が実は男性ホルモンによるもので、ベタベタと脂ぎった嫌な油分になり、毛穴を詰まらせてしまいます。水分が失われて、ギトギトの油分が出たお肌は内部が乾燥して表面は脂ぎるという典型的なインナードライ状態になり、皮脂が大好物の悪玉菌が繁殖してニキビも出来やすいお肌になってしまいます。清潔のために毎朝しっかり洗顔していたのに、乾燥だけではなく、テカリやニキビの原因にも繋がるなんてショックですね。肌バリアをしっかり保護するためにも、朝の洗顔はぬるま湯でさっと洗うだけに留めましょう。

睡眠や食生活の改善で見違えるほどキレイに!

7_2乾燥肌をトータルケア!「肌活」であふれる透明感を取り戻そう

お手入れはしっかりしているのになぜかお肌が乾燥してしまう…という人は食生活や生活習慣が原因かもしれません特に睡眠不足が続くと、自律神経が乱れてしまい、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌にも影響してしまいます。ホルモンバランスの乱れによって肌の代謝異常や免疫力低下などの症状が現れるため、お肌のくすみやターンオーバーにも大きく影響してしまいます。また、ストレスは一番自律神経に影響を与えるので、休みの日は心身ともにしっかりと休養を取ることが大切です。美容と健康のためにもしっかりと睡眠をとるように心掛けましょう。寝る前にカフェインを摂取したり、スマホのゲームをしたりすると脳が興奮してしまい、なかなか寝付けなかったり、眠りが浅かったりして眠りの質が下がってしまう恐れもあります。寝る前の環境作りにも気を付けてみましょう。食事面では腸内環境を整える食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌をしっかりとるとともに、美肌に欠かせないビタミンをバランス良くとるようにしましょう。肉類などの動物性たんぱく質は腸内の悪玉菌が増える原因となってしまうので、食べすぎには要注意です!

お肌に試練を!休日に行うプチ肌断食とは?

7_3乾燥肌をトータルケア!「肌活」であふれる透明感を取り戻そう

普段お手入れをしっかりしていて生活環境も整っているけれど、乾燥肌が無くならないという人は思い切って肌断食をしてみてはいかがでしょうか。普段油分や水分をしっかり補っていると、お肌は自分自身で油分や水分を補う必要がないため、肌機能が弱くなってしまうことがあります。週に1度ぐらいは、自分自身の肌機能を高めるためにもスキンケアを最小限にしてみましょう。特に休日は肌力をチェックする最大のチャンスです。朝起きてから何のお手入れもせずに1日を過ごしてみましょう。夜にしっかりと肌バリアが形成されていると、朝のお手入れをしなくてもお肌は十分潤って快適に過ごすことができます。朝起きて、そのままの状態で、すでに乾燥を感じているなら要注意です。お肌のバリア機能がとても弱くなっています。お肌を甘やかさずに、たまには試練を与えてみるのも良いですね。