乾燥肌の原因は様々!季節によって対処法を変えよう

乾燥肌の原因は様々!季節によって対処法を変えよう

乾燥肌で悩んでいる人は多いですよね。乾燥肌の原因は季節によって変わります。それぞれの原因に適した対処を行わなければ改善の効果は薄くなってしまいます。
そこで今回は冬と夏の乾燥肌について紹介し、季節に合わせたケアの重要性について解説します。

どうして冬は乾燥するの?対処法も紹介

冬になると、肌の乾燥が気になる人は多いのではないでしょうか。毎年のことだからと諦めて、乾燥しても放置している人もいるかもしれません。しかし、乾燥したまま放っておくと、かゆみを感じるようになってしまうので注意が必要です。掻いてしまうと炎症を起こすなどの肌トラブルに発展してしまう恐れがあるからです。
冬の乾燥肌の対策には、保湿効果の高い化粧水やクリームが効果的です。これらを肌に塗ることにより、潤いを与えられます。大切なのは定期的に塗ることです。持続効果の長いものもありますが、こまめに塗るに越したことはありません。
女性の場合、乾燥を最も防ぎたいのは顔ではないでしょうか。顔が乾燥すると目尻などにシワができやすくなってしまいます。顔の乾燥を防ぐには化粧水やクリームも有効ですが、フェイスパックを使用するとさらに効果が高まります。保湿性の高いローションをフェイスパックに十分に染み込ませてください。洗顔後にそれを顔に5分ぐらい付けると乾燥しにくくなります。
また、加湿器を使用するのも効果的です。暖房を使っていると湿度が下がってしまうからです。冬はずっと暖房を使っている人も少なくありません。そういう人は、常に乾燥した空間にいることになってしまいます。そのため暖房を使用するときは、加湿器を使用して湿度を上げるようにしましょう。

夏の乾燥肌にも注意!原因と対処法

夏は暑くて汗をかく機会が多いので、肌が乾燥するイメージがない人も多いでしょう。しかし、いろいろな要因によって、夏でも乾燥肌になることがあります。
夏は陽射しが強いですよね。日光には紫外線が含まれています。この紫外線が原因で乾燥肌になることは少なくありません。強烈な紫外線の照射を受けると、身体を紫外線から守るために肌細胞は増え始めます。そのスピードが速すぎると、細胞が完全な状態でないまま積み重なっていくことになるのです。そのような細胞は水分を保持する能力が低いため、乾燥肌になってしまいます。紫外線による乾燥を防ぐには、日傘や日焼け止めを使用して日焼け対策を行うと良いでしょう。もし日焼けをしてしまったら、しっかりスキンケアを行いましょう。冬の燥肌対策と同様、保湿効果の高い化粧水やクリームをしっかり塗ると良いです。
また、扇風機や冷房の風も夏の乾燥肌の大きな原因です。扇風機や冷房の風が肌に当たると、水分が失われてしまいます。冷房の場合は、空気中の水分が結露して屋外に排出されるため、さらに乾燥しやすくなってしまいます。対処法としては、冬と同じように加湿器を使うことも有効ですが、水分を多く摂取することを心がけると良いでしょう。水分を多く取ると、肌細胞に水分が供給されやすくなります。それだけではなく、汗をかく量が増えて、肌の表面が湿りやすくなるというメリットもあります。

原因に合わせたケアが大切!季節ごとに切り換えよう

10_3乾燥肌の原因は様々!季節によって対処法を変えよう

ここまでに冬と夏の乾燥肌について紹介しました。また、冬と夏だけでなく、春や秋に乾燥することもよくあります。乾燥肌の対策を行うには、季節ごとに乾燥の原因を把握することが大切です。それぞれの原因に適した方法でケアしなければ、十分な効果を得られないからです。
乾燥肌以外の肌トラブルの起こりやすさも、季節ごとに異なります。例えば、春は花粉症の影響で肌荒れになる人が多いです。また、秋は寒暖の差が大きく肌の状態が不安定になりがちです。乾燥肌と他の肌トラブルが併発した場合、両方をケアできる方法を選択する必要がありますよね。そういう意味でも、季節ごとに適切な方法を見極めて、ケアすることが重要であるといえるでしょう。