乾燥肌の原因になるターンオーバーとの関係性とは

乾燥肌の原因になるターンオーバーとの関係性とは

乾燥肌とはさようなら!うるつや美肌の鍵は「ターンオーバー」にあった

「ターンオーバー」の乱れは、様々な肌トラブルを引き起こす要因と言われています。正しいターンオーバーの周期を知ることは、美肌の維持にも繋がります。今回は、そのメカニズムと、肌トラブルの関係性についてご紹介します。

ターンオーバーの理想的なサイクルはとは

肌の新陳代謝のことを、「ターンオーバー」と呼びます。肌は上から表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、表皮は基底層と角質層に分かれています。この基底層で生まれた細胞が徐々に上へ上へと押し上げられ、アカとなって剥がれ落ちていきます。このアカとなって剥がれ落ちるまでのサイクルをターンオーバーと呼んでいます。この周期は、10代で20日、20代で28日、30代~40代では45日と、年齢を重ねるごとにその日数は長くなってしまいます。例えば、若い時にはすり傷などの怪我をしてもすぐに治っていたものが、年を重ねると治りづらくなります。これも、この年齢による新陳代謝の周期に違いがある為です。実はこの新陳代謝、早すぎても遅すぎても肌にとっては良くありません。様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。理想的なターンオーバーのサイクルは一般的に28日と言われています。出来るだけこのベストな周期を維持することが、美肌キープのカギとも言えるでしょう。

ターンオーバーが遅れると肌はどうなるの?

年齢を重ねるごとにターンオーバーの周期は遅くなり、肌のコンディションを良い状態にキープするのは難しくなります。では、どのようなトラブルが出てくるのでしょうか。加齢によって肌の新陳代謝が衰えると、新しい細胞がなかなか肌表面に現れません。その結果、肌のうるおいを保つ角質層にいつまでも古い細胞が留まりゴワゴワと肌表面も硬く感じてしまうのです。肌本来の透明感も損なわれてしまい、うるおいやハリの低下、小じわが目立つといった様々な肌トラブルを招きます。この角質層のうるおい不足は肌を保護するバリア機能をも低下させるので、紫外線の肌への影響も深刻化してしまいます。紫外線をたくさん浴びた肌はシミの原因になるだけでなく、乾燥肌にも拍車をかけるのです。このように、ターンオーバーの衰えは肌にとって様々なトラブルを引き起こし、老化現象をより深刻化させてしまうのです。

ターンオーバーを正常に保つことが乾燥肌対策の近道

肌の新陳代謝の乱れが、乾燥肌の根本原因です。ターンオーバーが遅くても、逆に早すぎても乾燥肌の要因となってしまうのです。ターンオーバーが早まると次から次へと肌は新しい細胞を作ろうと頑張りますが、その結果、未成熟な細胞ばかりが作られるのでキメの整った角質層にはなりません。このキメが整っていない状態だと、紫外線や冷暖房、ほこりなどの外的刺激に肌が直接さらされてしまいます。これにより肌は水分不足となり、乾燥肌へと傾いてしまうのです。このターンオーバーの周期を正常に保つことこそが、トラブル知らずの美肌へ導くカギとも言えます。では、どのように正常に保てば良いのでしょうか。細胞の生まれ変わりを促す為に、肌の保湿をたっぷりとすることが最も大切です。効果的な馴染ませ方は化粧水や乳液をたっぷり手に取り、それを肌内部にしっかりと浸透させましょう。なかなか浸透していかないときは、保湿を3回ほどに分けて行うのもおすすめです。手のひらで包み込むようにして馴染ませると、手の温熱効果でより浸透しやすくなります。また、肌に良い栄養をしっかり摂取して体内から整えることも大切です。なかでもたんぱく質が不足するとターンオーバーが乱れてしまいがちですから、良質なたんぱく質を積極的に食事に取り入れましょう。