乾燥肌の原因と対策を徹底追跡!

乾燥肌の原因と対策を徹底追跡!

どんなに良いスキンケア用品やメイクアップ道具を使っても、乾燥肌が治らないと嘆いている方に良いお知らせがあります。もしかしたらその乾燥肌は、お肌の外側からケアしてあげるのではなく、身体の内側から体質を改善させてあげると良いかもしれません。まずできることは、食習慣を変えてみることです。健康な肌作りは毎日の食生活にかかっていると言っても過言ではありません。一体何を食べれば乾燥肌対策ができるのか、その食事内容を見ていきましょう。

水分が不足すると乾燥肌に!

乾燥肌はその名の通り、肌が乾燥して潤いがない状態のことをいいます。カサカサしていて赤みがあり、ひどい時には皮膚がめくれてしまって、触るとフケのように白い粉がポロポロ落ちることもあります。乾燥して水っ気がないお肌なら、水をたくさん飲んで対策しましょう。乾燥しているから水を飲むとは単純な解決策に聞こえるかもしれませんが、乾燥肌の人の多くは1日に補給する水分量がかなり少ない傾向があります。人は1日普通に生活しているだけで、汗や尿などから水分を排出しています。黙っていても水分は減っていくので、排出量以上の水分を取らないとお肌がカサカサになってしまうのです。身体の大きさや行動によって身体から失われる水分量は人それぞれですが、平均して1日大体2リットルから3リットルの水分が失われているそうです。ですから、少なくともそれを上回る水分をとらなければ、お肌は乾燥してしまうのです。食事からもおよそ1.5リットルほど水分がとれるようなので、お水やお茶などの飲み物で約1リットル以上は水分摂取しないといけない計算になります。1日でそんなに飲み物を飲んでいないという人は、是非水分補給の対策を練ってみてください。

栄養不足でも乾燥肌に!無理なダイエットは避けよう

65_2乾燥肌の原因と対策を徹底追跡!

ダイエットや偏食で栄養が偏ったり不足すると、お肌に大きな影響があったりします。せっかくダイエットでスリムな体を手に入れても、お肌がガサガサでは魅力的には見えませんよね。どんな食べ物が肌に良いか分からない時は、まずバランス良く栄養を摂るようにしましょう。バランスが良い食事とは、ご飯やパン、麺類などの炭水化物に、生野菜と温野菜の食物繊維、魚や肉などのたんぱく質や脂質が上手くミックスした献立のことです。特に多いのは野菜不足です。ビタミンAとCが不足すると、肌の新陳代謝が停滞したり、肌を正常な状態に保つ力が失われます。サプリで補っても良いのですが、できるなら食事で摂りたいものです。また、近年増えているベジタリアンの人が不足しがちなのは、脂質とたんぱく質、亜鉛です。たんぱく質は野菜にも含まれてはいるのですが、肉と魚、卵、乳製品に多く含まれるので、菜食主義者は不足気味になります。大豆類にも多く含まれているので、食べられない人は豆腐や味噌汁で補うと良いでしょう。脂質と亜鉛も同様に動物系の製品に多く含まれますが、野菜にはほとんど含まれていません。ベジタリアンの人はサプリなどで積極的に補うようにしましょう。

アトピーが乾燥肌の原因に

65_3乾燥肌の原因と対策を徹底追跡!

皮膚病のアトピーも乾燥肌の一要因になっていることがあります。アトピー性皮膚炎とは、遺伝や環境が原因で起こるアレルギー性皮膚炎ですが、アトピーが引き起こす症状としてはかゆみや皮膚の乾燥があげられます。この乾燥肌もしかしてアトピーではと思ったらすぐに皮膚科に受診に行きましょう。アトピーは保湿するより乾燥させる方は治りが良いようなので、下手に自分で対応してしまうと悪化することにもなりかねません。病院で適切に治療すれば自ずと乾燥体質が改善されるので、ひどい乾燥肌の場合は病院へ行って相談してみましょう。