乾燥肌の人におすすめ!手軽に摂れる食品・食材

8_1乾燥肌の人におすすめ!手軽に摂れる食品・食材

乾燥肌を改善するには、外からの保湿だけでなく内側からのケアもとても大切です。日ごろの食事を見直したり、乾燥肌に効く食品を取り入れたりするだけでも肌の潤いが変わってきます。乾燥肌の人に特におすすめの、体を潤す食品をご紹介します。

毎日の習慣に!タンパク質豊富な乳製品

私たちの体を構成しているタンパク質は、肌にも特に大切な栄養素の一つです。タンパク質が不足してしまうと体全体の代謝が下がり、肌がどんどん老化していきます。肌の弾力や潤いの要となっているコラーゲンを作っているのもコラーゲンです。タンパク質が不足すれば当然コラーゲンも減少し、肌が乾燥しやすくなったりハリツヤを失ったりすることになります。
タンパク質を上手に補給するには、乳製品がおすすめです。乳製品はタンパク質と脂質をバランス良く含んでいる食品です。また、肌の潤いを担うセラミドも配合されているため、体を乾燥から守るには最適の食品と言えます。タンパク質の中でも、アミノ酸の配合量が多い乳製品は、より効果的に肌へ働きかけます。しかしタンパク質は余分に溜め込むことができないため、毎日習慣として摂ることが大切です。理想は毎食、牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品でお好みのものを取り入れてみましょう。カロリーが気になる場合にはカッテージチーズなど比較的低カロリーのものを選ぶのがおすすめです。

セラミドやビタミンE豊富な納豆

8_2乾燥肌の人におすすめ!手軽に摂れる食品・食材

保湿成分が豊富に含まれている身近な食べ物としては納豆があげられます。納豆は皮膚を外部刺激から守り、角質層の水分を保持する役割のあるセラミドを多く含んでいます。乳製品と同様にタンパク質が豊富なうえ、大豆イソフラボンはコラーゲンの生成を助ける働きがあります。さらにビタミンEやビタミンB2が肌の新陳代謝を活発にして肌の生まれ変わりを助ける効果もあります。また納豆のネバネバを作っているポリグリタミン酸は肌の表面に膜をつくり、バリア機能を高めてくれる作用があります。肌を外部刺激や乾燥から守りながら、本来の潤いを保つ機能を活性化してくれるまさに乾燥肌の救世主と言える食品なのです。
効果的な取り入れ方は、毎日夕食に1パックをよく混ぜて食べましょう。そのまま食べるよりも、粘り気がしっかり出た方が効果は高くなるとされています。また長期的に続けることで効果がでてくるものなので、根気強く毎日続けるようにしましょう。

βカロテンがつまった緑黄色野菜

8_3乾燥肌の人におすすめ!手軽に摂れる食品・食材

高い抗酸化作用があり、肌をサビつかせないように働くのがβカロテンです。βカロテンには不足したビタミンAを補う役割があり、体内に入ると必要に応じてビタミンAに変換されます。そしてビタミンAには皮膚の粘膜を形成する助けをする、肌が硬くなるのを防ぐ作用があります。肌荒れや乾燥を防止してキメの細かいキレイな肌を作るのに一役買っているというわけです。また紫外線で発生する活性酸素を無害化し、メラニンの発生を抑えることで、シミやそばかすを防ぐ効果も期待できます。
このように健康な肌を作り乾燥やシミを防ぐβカロテンは、主に緑黄色野菜に含まれています。特ににんじん・かぼちゃ・ブロッコリーなど色の鮮やかな野菜に豊富に含まれているため、料理する際には意識的に取り入れてみましょう。βカロテンは油に溶けやすい性質があり、バターやオリーブオイルで調理することで吸収率がアップします。また熱に強い性質のため、炒めたり茹でたりしても壊れないのも嬉しい点です。
どの食品にも共通して言えることが、毎日食べるのが大切ということです。乾燥肌を改善するには、長期的に食事に気を使ってあげる必要があります。潤いのあるキレイな肌を手に入れるために、これらの食材を日々の食生活に加えてみてくださいね。