乾燥肌に悩む人に!おすすめの保湿ケアとは?

スキンケア

一生懸命スキンケアをしていても、なんだか肌がカピカピ・・・そんな乾燥肌に悩む女性は少なくないでしょう。乾燥が進むと様々な肌トラブルを引き起こしかねませんから、どうにかキッチリ対策したいものですよね。乾燥肌には潤いを与えることが重要ですが、インターネットやテレビを見るとその方法に関して様々な情報が飛び交い、一体どれが有効な方法なのかと判断が難しいですよね。そこで今回は、乾燥肌対策におすすめの保湿方法を世の女性たちに聞いてみました。

1日の終わりに・・・大事なのは○○のあと!

みなさんオリジナルの方法で乾燥肌対策をしているようです。

・お風呂上りにすぐボディーミルクをたっぷり塗ってとにかく保湿されてる状態が長く続くように気をつけています。(20代/女性/学生)

・お風呂からでたら化粧水を全身にたっぷり塗って保湿効果の高いクリームを塗ることです。(20代/女性/パートアルバイト)

・入浴後、オロナインを顔全体に塗り、暖かいタオルを顔に乗せて少し待ちます。そしてそのタオルで顔を拭き、化粧水と乳液をつけます。(20代/女性/学生)

・フェイスパックをお風呂上がりに毎日やること。大容量の安いパックを買えばお手頃です。(20代/女性/パートアルバイト)

・パックをこまめに行ったり、常に加湿器を設置するようにしたりして、簡単に出来る外からの保湿をこまめに行う。(20代/女性/学生)

・部屋の加湿。ちゃんと保湿しても部屋が乾燥していたら水分が逃げていくから。(20代/女性/専業主婦)

・部屋の湿度を40%から60%で保っているのがオススメの保湿対策です。簡単にできるのでオススメです。(10代/女性/パートアルバイト)

とにかく入浴後のケアは欠かせない!という声が多く挙がりました。お風呂でせっかく潤いを補給しても、何もしないままだとまたそれがどんどんと蒸発していってしまいますからお風呂上がりのスキンケアは乾燥肌の人にとっては大事なポイントなのでしょう。その方法は保湿クリームやパック、蒸しタオルなど人によって様々でみなさんの努力の様子がうかがえました。また水分が飛んでいかないように部屋の湿度を一定に保つという人もいて、乾燥が肌だけでなく生活にまで影響を及ぼしていることがわかりました。

乾燥を進行させない!肌の水分を守るために

乾燥肌に有効な保湿対策として、最も多く挙がったのはお風呂上がりの肌のケアに関する内容でした。みなさん化粧水や乳液といった基礎化粧品に加えパックやクリームといったスペシャルケアで日々潤いをチャージしているようです。肌表面の水分が失われるとやがて内部の水分も逃げていってしまって乾燥肌が悪化してしまいますから、しっかりと外からアプローチすることは理にかなった方法なのかもしれません。乾燥の原因はいろいろあり、全てを自分でコントロールするのはなかなか難しいでしょう。それよりも失われた潤いをどう補うか、その点が乾燥肌対策には重要なポイントと言えるのではないでしょうか。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】0 – 20 20 – 29
  • 調査期間:2016年02月25日~2016年03月10日
  • 有効回答数:100サンプル