乾燥肌に悩むなら、半身浴には要注意

乾燥肌に悩むなら、半身浴には要注意

毎日の入浴をシャワーだけで済ますのではなく、しっかり湯船につかるように心がけることは美容の基本です。
中でも、多くのモデルや芸能人が実践している有名な入浴法が半身浴です。汗をたくさんかくのでデトックス効果がある、あるいは長く湯船に入ることができるので血行が良くなるなど、半身浴にはさまざまな美容効果があるといわれています。しかし、誰もがこの半身浴に向いているというわけではありません。特に、現在乾燥肌で悩んでいる方は注意が必要です。間違った方法で行う半身浴は、肌の乾燥をますます進めたり、場合によっては、かゆみを引き起こしたりする原因になることさえあるのです。

長時間の入浴は肌バリアに悪影響

外界からの刺激にさらされても肌が健康な状態を保つことができるのは、肌の一番上にある角層に天然のバリアが存在しているからです。この肌バリアは各層表面にある皮脂膜、その下にある角層細胞同士の隙間を埋めているセラミドなどの細胞間脂質、さらに角層細胞内でうるおいを保持する天然保湿因子から成り立っています。その中で、天然保湿因子から水分が蒸発してしまうのを食い止めているのが皮脂や細胞間脂質の役割です。この二つが失われると、肌は必要な水分を保持することができなくなり、乾燥してしまいます。石鹸で身体を洗わなくても、お湯に入るだけでこれらの皮脂やセラミドは流出していってしまいます。
確かに身体を芯から温めるために一定の時間湯船に浸かることは大切です。しかし、乾燥肌対策という面から見れば、あまり長時間の入浴は考え物なのです。

それでも半身浴が乾燥肌にもたらすメリット

22_2乾燥肌に悩むなら、半身浴には要注意

しかし、それでも半身浴にはメリットがあります。それは身体への負担が少ないということです。半身浴はみぞおちまでしか身体をお湯につけないため、全身浴に比べて心臓に負担がかかりません。ですから全身浴に比べて、同じ温度や時間の入浴でも湯あたりしづらくなります。身体が弱っている時でも、安全に入浴することができるのです。入浴によって全身の血行が良くなると、肌の新陳代謝が活発になります。肌の新陳代謝が活発になるということは、新たな肌バリアを生み出す力が高まるということです。適切な方法で行えば、半身浴は乾燥肌の敵どころか、心強い味方になります。

正しい半身浴で乾燥肌を改善

22_3乾燥肌に悩むなら、半身浴には要注意

乾燥肌を予防し、うるおいのある肌を作るためには、正しい半身浴のやり方を知ることが大切です。まず、1時間以上など、あまりに長時間の入浴は避けなければなりません。肌バリアの破壊を最小限に食い止めるためにも、一回の入浴時間は20~30分以内にとどめましょう。また、お湯の温度は肌の負担を減らすために38~40度のぬるめに設定するようにします。ぬるめのお湯でもゆっくりつかることで十分血行の改善効果が期待できます。ですから、冬場でもこれ以上熱くする必要はありません。
さらに、入浴前後のスキンケアにもコツがあります。どんなに気をつけてお風呂に入ったとしても、肌にある皮脂やセラミドは減少します。そのため、入浴後の肌は水分が蒸発しやすい状態になっています。お風呂から出た段階ですぐに保湿ケアを行いましょう。目安は湯船から上がって10分以内がベストです。クリームや乳液など油分が含まれるもののほか、セラミドなどを補うことのできるアイテムが効果的です。また、入浴前にメイクを落とす場合には、そのままの状態で湯船に入るのではなく、化粧水やジェルなどできちんと保湿を行ってからにしましょう。そうすることで半身浴中に顔が乾燥するのを抑えることができます。
そのほか、スキンケア面以外の工夫として、保湿効果のある入浴剤を使用するのもおすすめです。