乾燥肌にサヨウナラ!お肌に水分をチャージする方法

乾燥肌にサヨウナラ!お肌に水分をチャージする方法

冬は乾燥で、夏はエアコンや紫外線の影響で、お肌は一年中、乾燥によるダメージにさらされています。カサカサと乾燥したお肌に触れたり、メイクがなかなか上手くのらなかったりすると、テンションも下がってしまいます。今回は、そんな乾燥肌に潤いをチャージするための方法についてご紹介したいと思います。

いい汗かいて、潤いチャージ!

乾燥肌の改善に、運動による発汗はとても効果があります。しかし、ただ汗をかいて水分を失うような発汗の方法だと、逆に乾燥肌の原因となってしまうようなこともあります。そこでオススメしたいのが岩盤浴などによる発汗です。岩盤浴に行ったことのある方は経験したことがあるかもしれませんが、岩盤浴でかく汗は激しい運動の時のようなベタベタした汗ではなく、サラサラとした汗です。岩盤浴でかくサラサラした汗は、においもなく、お肌で菌が繁殖するのを防ぐ働きがあり、乾燥したお肌を保護する効果があります。しっかりと水分をとりながら岩盤浴をすることで、お肌の乾燥を防ぎながら潤いをチャージするだけではなく、毒素を排出するデトックス効果や、身体の代謝を高めることで痩せやすい身体をつくる効果もあります。ダイエット効果ばかりが注目されがちな岩盤浴ですが、乾燥肌にも優しい効果もあります。乾燥肌が気になる方は、継続して通ってみると効果が期待できます。

むくみや便秘が乾燥の原因に!?水分補給で体質改善

66_2乾燥肌にサヨウナラ!お肌に水分をチャージする方法

乾燥肌の原因としては、部屋の空気の乾燥やエアコンなどの外的要因ばかりがクローズアップされがちですが、実は生活習慣にもその原因があるのです。その例として、「むくみ」や「便秘」が挙げられます。乾燥肌で悩んでいる方の中には、むくみや便秘でも悩みを持っている人が多い傾向にありますが、その原因に水分不足があります。1日に必要な水分の摂取量が足りていないと、脚や身体のむくみを引き起こしたり、便秘の原因になってしまったりするのです。
むくみやコリなどが改善されないと、身体に疲れや毒素が溜まったままの状態がキープされてしまうため、体調を崩しやすく、疲れやすい身体になってしまいます。また、便秘の人の傾向として、大腸の水分が不足しているというものがあります。摂取した水分のうち、大腸まで届くのは、わずか1割という説もあるほど、大腸は水分不足になりがちなのです。1日に必要な水分を摂取することは、むくみや便秘を解消するために、とても大切なことだと言えます。
しかし、ここで注意したいのは水分の摂りすぎです。摂り過ぎると、その水分を体内に溜め込んでしまうため、適量を摂取するようにしましょう。ちなみに、30mlに体重(kg)をかけた量(ml)が、1日の理想の水分摂取量です。自分の身体にあった量を、こまめに飲むことが効果的です。

乾燥肌に直接アプローチ!ボディトリートメントを習慣に

66_3乾燥肌にサヨウナラ!お肌に水分をチャージする方法

汗をかくことや、水分を取ることを乾燥対策の方法としてご紹介しましたが、乾燥肌を直接ケアしてあげることも、もちろん効果的です。そこでオススメしたいのが、毎日のボディトリートメントを習慣にすることです。
お顔のケアはしっかりしていても、全身のお肌は後回しにされがちです。シェービングや強めのボディーソープで乾燥したり荒れやすくなっていたりするお風呂上がりこそ、ボディオイルやクリームでしっかりトリートメントしてあげると、しっとり、ふっくらした潤い肌をキープすることができます。
ボディトリートメントの方法にも様々なものがありますが、お風呂上がりのボディトリートメントは特に効果的です。お風呂から上がって、まだ身体に水滴が残っている状態のままでスクワランオイルなどのボディオイルを塗ると、しっとりとした肌が保たれます。お顔のケアと合わせて、ボディトリートメントを習慣にしてみてはいかがでしょうか。