乾燥肌によく効く?話題沸騰中の「湯シャン」とは?

乾燥肌によく効く?話題沸騰中の「湯シャン」とは?

乾燥肌で困るのは、化粧のノリが悪くなる顔だけではありません。頭皮の乾燥も女性にとっては困り者。頭皮が乾燥してしまうとフケになってポロポロと落ちてきてしまいます。暗い色の服を着ると肩に白い点がポツポツ…。そんな事態を避けるために、頭皮の乾燥肌を改善する方法はあるのでしょうか。

湯シャンはシャンプーやトリートメントを使わない!

最近巷でよく耳にする湯シャンとは、シャンプーやトリートメントなどの洗剤成分を一切使わない方法で頭を洗う、新しい洗髪のスタイルのことを指します。「シャンプーやリンスを使わなくて汚れは落ちる?」と心配している方、湯シャンは適度に頭の皮脂を落とし、必要な脂分を残すという優れた洗髪方法なので心配はご無用です。特に化学物質アレルギーがある人や、強い成分の入ったシャンプーを使うと、かゆくなったり、フケが多く出たりする人には効果的な方法なので、試してみる価値は大きいでしょう。
しかし、いきなり生まれた時から続けてきたシャンプーを断つのは至難の技です。においが気になったり、かゆくてたまらず頭皮をガリガリ掻いてしまったりしては本末転倒。湯シャンビギナーは、普段毎日しているシャンプーの何回かを湯シャンに変えることから始めましょう。その方が臭いも気にならなくなりますし、頭皮自体もだんだんと湯シャンに慣れてきます。ゆとりを持って湯シャンに移行すれば、気がついたら自然と完全湯シャンにシフトしていることでしょう。

「湯シャン」のハウツーとは?

湯シャンに必要なのはお湯だけではありません。お湯で洗う前にプラシで髪を十分にとかすことも必要です。ここで大切なのはただ髪をとかすだけではなく、髪をとかしながら汚れを落とすようなイメージを持つことです。ブラッシングだけでも髪の毛についたごみなどの汚れは十分落ちます。ブラッシングを行うと髪の毛全体の汚れの半分くらいは落ちると言われているので、ブラシは丁寧に行いましょう。
本題の湯シャンですが、お湯だけで洗うからといって適当に髪を濡らして終わりではありません。湯シャンは普通にシャンプーを使って髪を洗うよりも、お湯を多く使うイメージを持ちましょう。洗う部分は髪の毛というよりは頭皮です。髪の方はシャワーで十分に濡らしながら手ぐしでとかすくらいでOK。問題なのは頭皮の洗い方なのです。湯シャンでは、頭皮はマッサージするような感じで、ガシガシ揉みながら洗っていきます。丁寧に全ての頭皮を揉まないと洗い残しをする場合があるので注意が必要です。マッサージ中もシャワーのお湯を頭にかけ続けると皮脂が流れていってくれます。爪を立てず、指の平で揉む感じで皮脂やフケを洗い流します。

何度くらいのお湯で洗えばOK?

湯シャンを成功させるもう一つの条件は、使うお湯の温度です。湯シャンの目的は余分な頭皮の脂を落とし、必要な皮脂を適度に残して乾燥肌を防ぐことなので、水に近い温度のぬるま湯では皮脂はなかなか落ちないことでしょう。脂は温度が高くなるとよく溶ける性質を持っているので、シャワーの温度はできるだけ高めにすると効果が大きいです。ただし、火傷するくらい熱い温度はもちろんNG。皮脂の落としすぎもよくないので、だいたい熱めのお風呂くらいの温度である40度から42,3度くらいがベストと言えるかもしれません。好みや体質に合わせて適度な温度を研究してみてください。湯シャンに慣れてくればシャンプー代を節約できるだけではなく、洗髪回数そのものも減らせるそうなので、お財布にも地球にも優しいですよね。もちろん乾燥肌が引き起こすフケの問題の改善にもなるので、興味がある人は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。