乾燥肌にこそ!ストレスフリーなボディミルクのススメ

乾燥肌にこそ!ストレスフリーなボディミルクのススメ

「乾燥肌だからちゃんと保湿しなきゃ!」という思いから、しっかり保湿して肌に蓋をしてくれそうなボディバターやボディクリームを買い込んで塗りたくる人も多いと思います。しかし、それは根本的な乾燥肌の解決にはなっていないということをご存知でしたか。肌は保湿されているように見えますが、実際はヌルヌルして気持ちが悪いのを我慢しなければならなかったり、乾燥が進み敏感になってしまっていれば、逆に肌が荒れたり、カブれてしまったりすることもあります。自分の好みや肌質にあったボディケア商品を、きちんとしたお手入れ方法で使用することが一番なのです。今回は、保湿能力は高いけれど、サラッと使いやすいボディミルクを使った乾燥肌ケアについてご紹介します!

ボディミルク特徴その1「のびが良い!」

4_2乾燥肌にこそ!ストレスフリーなボディミルクのススメ

ボディミルクの特徴として一番に挙げたいのはのびの良いテクスチャーです。こってり系のボディバターやボディクリームに比べ、比較的肌馴染みが良く、広範囲の保湿を手早く行えます。入浴後、肌は5~10分程で乾燥が始まってしまうため、いかに時間を掛けずにボディケアするかがポイントとなりますので、短時間で保湿ができる点は嬉しいですよね。また、お風呂から出た後に水分を拭き取らずに、そのままボディミルクを塗れば、水分を含み、化粧水のように更にのびの良いサラサラのテクスチャーになるので、大幅にケア時間が短縮できます。のびが良すぎると保湿ができていないのではと心許ないかもしれませんが、乾いた後はちゃんとボディミルクとしての保湿力を発揮しますので問題ありません。忙しく時間のない方でもこれならケアを続けられそうですね。

ボディミルク特徴その2「ベタベタしない!」

次に挙げるのは、ベタベタしない使い心地の良さです。保湿力は高いけれど、べとついてしまうケア用品を体中に塗ってしまうと、上からすぐに下着をつけたり、洋服を着たりすることができず、乾くまでしばらく待ち時間が発生してしまいます。急いでいるからといって、無理にすぐ衣服をつけてしまうと、逆に肌が蒸れてしまい、荒れやカブれの原因になります。ボディミルクならば肌への浸透が早いため、乾くまでそれほど時間がかからず、すぐにサラサラ、スベスベの状態になります。肌に付けた時点では滑りが良い状態になるので、その時点で簡単にマッサージしながら擦り込んでいきましょう。保湿が足りないと感じたら、何度か上から重ねて塗り込むことで、保湿はしっかりなのにサラサラという理想的な肌状態を実現できます。

ボディミルクを選ぶ時の注意点

4_3乾燥肌にこそ!ストレスフリーなボディミルクのススメ

ドラッグストアやインターネットサイト、雑誌等を見ていると、ボディミルクだけでも種類がたくさんありすぎて、どれを選べば良いのか分からず悩んでしまいますよね。低価格のものからブランド物の高額商品まで、全て試すわけにもいかず困ってしまいます。もちろん、個人的に好きな香りや容器のデザイン等もあるかとは思いますが、迷ってしまった時には低刺激でセラミド成分が配合されているものをオススメします。乾燥が進むと肌が敏感になり、いくら保湿力が素晴らしくても刺激の強い成分であったり、とても良い匂いがするものでも合成香料が含まれていたりすると、肌自体に負担になる可能性が高いのです。肌の状態を良好に保った上で使用する場合は構わないのですが、まずは乾燥肌である現状の肌の改善を目指すことが先決です。そのためには、やはり低刺激であること、もともと肌の成分に含まれているセラミドのような安心できる保湿成分を使用しているものを選ぶのが良いでしょう。自分の肌に合った、できるだけ優しく保湿ができるボディミルクを選んで、正しいお手入れ方法でトラブルの少ない潤った肌を手に入れてくださいね!