乾燥肌でもしっとり化粧を仕上げるコツ

乾燥肌でもしっとり化粧を仕上げるコツ

肌が乾燥しているとメイクをしても粉っぽい仕上がりになってしまうことが多いものです。メイクで隠そうと上塗りするほど肌がカサカサしたりシワが目立ったりと、悪循環にお悩みの方が多いのではないでしょうか。乾燥肌の場合、肌の状態に合ったメイク用品を選ぶことが大切です。ここでは乾燥肌におすすめの化粧品選びとお手入れのコツについてご紹介します。

成分に注目した化粧品選び

乾燥肌の方は成分に注目して化粧品を選ぶのがおすすめです。合成香料やパラベンが多く含まれているものは肌のバリア機能を奪う可能性があるといわれていますので、石油系の添加物ができるだけ含まれていない商品を選ぶ方がよいでしょう。また美白を重視した化粧品によく含まれているハイドロキノンについては、高い美白効果がある一方で刺激が強いので肌の乾燥が気になる方は使わない方が安心です。クレンジングについては、メイクの度合いによって使い分けるのがおすすめです。オイルクレンジングはメイクをしっかり落とすことができる一方で、界面活性剤が多く含まれていて肌への負担も大きくなりがちです。しっかりメイクをした日にはオイルクレンジングを使い、軽めのメイクのときには、ミルククレンジングやリキッドクレンジングを選ぶと肌にかかる負担を減らすことができます。ポイントメイクは専用のメイク落としで先に落としておくことで、顔全体に強めのクレンジングを使わずに済みます。

メイク前の保湿ケアは念入りに

メイクをした後の肌の乾燥を防ぐには、ベースメイクの前にしっかりと保湿をすることがポイントになります。洗顔後に化粧水を馴染ませた後は、乳液を使うと肌の水分を閉じ込めることができます。乳液は保湿効果の高いヒアルロン酸やセラミドなどの成分が配合されたものを選ぶとより効果的です。乳液の次に重ねる化粧下地についても、保湿成分が配合されたものを選ぶのがおすすめです。化粧水・乳液・化粧下地はそれぞれのアイテムがしっかり肌に馴染んでから重ねるのがコツです。肌に馴染む前に重ねてしまうと、成分が肌の上で混ざり合ってしまうので保湿効果が発揮されにくくなります。乾燥が特に気になる季節には部分的にワセリンを使うのも効果的です。ワセリンは保湿力が高く肌に刺激を与える成分が含まれていないので、敏感肌の方も安心して使えるアイテムです。その一方で顔全体に塗るとべたつきますので、特に乾燥が気になるポイントに絞って薄く伸ばして使うと良いでしょう。

化粧をしっとり仕上げるコツ

乾燥が気になるときにパウダーファンデーションを重ね付けすると、粉をふいたようになってしまうことがあります。乾燥肌にはリキッドファンデーションやクリームファンデーションを選ぶとキレイに仕上がります。また、ファンデーションには大きく分けて油性と水性の2つのタイプがあり、メイクをしている間の保湿力を保つためには油性タイプのファンデーションを選ぶのがおすすめです。リキッドタイプよりクリームタイプの方が油性の傾向が強いため、特に乾燥が気になる季節はクリームタイプを選ぶと良いでしょう。その一方で、油性のファンデーションは仕上がりが重くなりますので、軽い仕上がりにしたいときには水性と油性の両方の性質を備えたエマルジョンファンデーションを選ぶのもおすすめです。また、ファンデーション選びでは成分にも注目したいものです。最近ではヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合されたものが増えているため、自分に合うものを探してみてはいかがでしょう。外出先で乾燥が気になるときには乾燥する部分に乳液を少し馴染ませて、その上からファンデーションを重ねると自然に仕上がります。