乾燥肌でもきれいに化粧したい!乾燥肌におすすめベースメイクのコツ

乾燥肌でもきれいに化粧したい!乾燥肌におすすめベースメイクのコツ

ファンデーションは油性タイプがおすすめ

乾燥肌でメイクののりが悪いと、顔が粉をふいたようになったり、なんとなくテンションが上がらなかったり、と気分にも影響しがちです。肌の乾燥をそのままにしておくと、シワの原因にもなりかねません。乾燥肌に合ったファンデーションはどうやって選ぶとよいのでしょうか。まず、注目したいのは肌に潤いを与える効果が高いことです。ファンデーションはパウダーやリキッド、クリームタイプなどがありますが、油性タイプを選ぶとよいでしょう。油性のリキッドやクリーム状のファンデーションは肌にしっかり馴染みますし、エアコンや空気が乾燥している季節も肌の潤いを閉じ込めてキープしてくれます。汗をかいても崩れにくいこともメリットです。さらに、油性タイプで保湿成分がしっかり入っているものを選ぶと乾燥肌にとっては強い味方となります。コラーゲン、ヒアルロン酸など肌の保湿を手伝ってくれる成分が含まれているのかもあわせてチェックしましょう。

化粧前の保湿はしっかり行う

自分の肌質にあった油性のリキッド、クリームファンデーションをせっかく見つけることができても、化粧前の保湿をしっかりしておかないと潤いのある肌がキープできないこともあります。例え夏であっても、日焼けやエアコンにより肌は乾燥しますし、秋から冬にかけては湿気が少ない季節です。1年中保湿を怠らないこと、これが基本と考えておくとよいでしょう。特に洗顔後、寝る前、メイク前の保湿を習慣づけるようにしたいものです。化粧水、乳液、クリーム、美容液などをしっかり、やさしく肌に馴染ませましょう。特に乾燥が気になるときは、十分時間をかけて保湿をするために、夜の肌パックも肌に潤いを与える効果が期待できます。さらに覚えておきたい保湿成分で注目なのは、セラミドです。肌の表面の角質層に働きかけてくれて、肌の水分を保ってくれます。

ファンデーションは伸ばさず叩き込む

化粧前の保湿とファンデーション選びも万全、しかしここで安心してはいけません。乾燥肌はファンデーションの使い方にも、もう一工夫必要です。ファンデーションの塗り方を間違えてしまうと、ムラがでてきてしまいますし、ムラができると隠そうと思ってさらに厚塗りになってしまうこともあります。特にリキッドやクリームタイプはつけすぎると潤いを通り越して油っぽい肌に見えてしまいますので注意しましょう。さらに、ファンデーションを塗る前の保湿が不十分だと、どうしても無理に伸ばそうとして指に力が入ってしまいます。力を入れてしまう癖がある場合には、平らなスポンジでやさしく広範囲に伸ばすようにするとよいでしょう。その上で、指の腹をつかってカバーしきれなかった部分をやさしく叩き込むようにファンデーションをのせていきます。力を入れないことがコツです。

ファンデーションにオイルをなじませて使う裏技も

リキッドやクリームタイプのファンデーションは慣れないと、なかなか上手に肌に馴染ませることができないこともあるでしょう。それに、これらのタイプは夏ですとちょっと重たく感じることもあります。パウダーファンデーションにオイルを混ぜるだけで、乾燥肌にも潤いをプラスしたツヤ肌を作ることができるのです。カバー力が足りないときにはパウダーを多めに使うことがポイントです。普段はリキッドやクリームタイプを使うという方も、軽いタッチのメイクをしたいときには試してみてはいかがでしょうか。乾燥肌がそれほどひどくない場合には十分これだけで潤いのある肌になります。しかし、かなり乾燥している場合には、やはりリキッドやクリームの油性タイプのファンデーションがいい、という方もいるでしょう。その場合でもこのテクニックは使えます。リキッドやクリームのファンデーションに1滴お好みのオイルを混ぜるだけで、ツヤのある肌に仕上がります。オイルがさらに乾燥を防いでくれますし、ちょっとした気分転換にもなります。乾燥肌のベースメイクに潤いをもたせるために、肌の保湿と油分を多く含むファンデーションを選ぶことからはじめてみましょう。