乾燥肌さん必見!ルースパウダー選びのポイントとは

21-1

ファンデーションを肌に馴染ませ、美しい肌をキープする効果を持つ「ルースパウダー」。しかし、乾燥肌で悩む女性にとっては、肌の乾燥を悪化させてしまう可能性もあり、ルースパウダーの選び方や使用方法には気を付けたいところです。今回は、乾燥肌さん必見のルースパウダーを選ぶ際のポイントと使用方法についてまとめてみました。

乾燥肌さんのルースパウダー選びのポイントは「つや感」

ルースパウダーの仕上がりは製品によって違いがあります。ルースパウダーの仕上がりのタイプを大きく2つに分けると、テカりやメイク崩れを防止する効果が高いマットタイプのものと、肌の油分を残し、肌の質感を美しく見せるつや感重視タイプのものがあります。肌の乾燥が気になる方がルースパウダーを使用する場合は、つや感重視タイプのパウダーがおすすめです。マットに仕上がるルースパウダーの場合、肌の水分を奪い、乾燥肌を悪化させてしまうだけではなく、乾燥によって表れるシワや皮剥けを強調してしまうこともあります。一方、つや感のあるパウダーは薄く肌に乗せることによって、肌の乾燥を悪化させずにメイク崩れを防止することができます。ルースパウダーに含まれるパールやラメの効果によって、乾燥でくすみがちな肌をいきいきと演出してくれる効果もあります。

メイク道具で仕上がりが変わる!

21-2

ルースパウダーを使用する際に、パフを使うのかブラシを使うのかによって、仕上がりも変化します。肌の乾燥が気になる方が気を付けたいのが「ルースパウダーのつけ過ぎ」です。ルースパウダーは、本来、ファンデーションのヨレや、メイク崩れを防止するために使用されるものであるため、メイク崩れの原因となる皮脂を吸着する成分が含まれていることが多いです。肌の潤いを保つために肌表面に分泌される皮脂は乾燥から肌を守るためには必要なものですが、ルースパウダーをたくさん付けてしまうことによって皮脂が過剰に吸着されてしまい、乾燥が悪化してしまうことに繋がります。ルースパウダーによってメイクを美しく見せるためにも、メイク道具を選ぶことは大切です。乾燥肌の方がルースパウダーを使用する場合は、ブラシの使用がおすすめです。パフを使用してパウダーを肌に付けると、パフは必要以上の量のパウダーを含んでしまいやすく、パウダーの付け過ぎを招いてしまいやすいです。また、パフを使用してパウダーを付ける場合、直接肌にパウダーを叩き込むため、肌との密着度が高く、乾燥で弱った肌に悪影響を与えてしまうこともあります。肌の乾燥が気になる時のルースパウダーの使用は、ブラシに適量を含ませ肌に優しく乗せるように心がけましょう。

自分に合ったパウダーを見つけるために!化粧品カウンターを利用しよう

21-3

ルースパウダーにも様々な種類があり、肌の保湿成分を含んだ製品も増えています。ルースパウダーに配合されている美容成分として、スクワランやヒアルロン酸、セラミドなどがあげられます。肌の乾燥に悩む方にとって、保湿成分が配合されたルースパウダーは乾燥から肌を守る救世主であるともいえますが、製品と自身の肌の相性は購入前に確認しておきたい所です。化粧品カウンターでは、気になる製品を試すことが可能です。使用感や仕上がりを購入前に確認することができるので、購入後も安心して使用できるでしょう。また、「何度か使用して、肌にトラブルが表れないか確認したい」という方には、試供品をプレゼントしてくれる化粧品カウンターもあります。自分の肌と製品の相性を確かめることができるため、乾燥で肌が弱ってしまいがちな方も、安心してルースパウダーを購入することができます。プロが丁寧に製品知識や、使い方を説明してくれるため、パウダー選びに不安がある方は1度相談してみるのも良いでしょう。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。