乾燥肌が痛い人必見!正しいスキンケアを知って肌質を改善しよう

乾燥肌が痛い人必見!正しいスキンケアを知って肌質を改善しよ

肌に赤みやかゆみが出てひどくなると痛い乾燥肌は、肌の水分量が減るために起こります。乾燥肌の主な原因は間違ったスキンケアにあるので、正しいケアの方法を知ることで肌質は改善することができます。乾燥肌のメカニズムや効果的な水分補給の仕方などを見ていきましょう。

肌がピリピリと痛いのはなぜ?乾燥肌のメカニズムとは

乾燥肌が痛い人必見!正しいスキンケアを知って肌質を改善しよ
肌表面の角質層には、肌のバリア機能を高め外部からの刺激が肌の奥へ届かないよう保護する働きがあります。しかし何らかの原因で角質層が薄くなると、皮膚の水分量が減って薄い乾燥した肌になりやすくなります。これがいわゆる「敏感肌」です。外部の刺激が肌の奥まで届きやすく、炎症を起こして肌表面がピリピリと痛い原因になります。乾燥肌は健康な肌に比べて、角質層の水分量が30%以下だと言われています。洗顔後に肌がつっぱるという人は乾燥肌予備軍かもしれないので要注意です。健康な肌は正常なターンオーバーを繰り返すことで、古い角質層がはがれ落ち新しい肌に生まれ変わりますが、敏感肌はターンオーバーの周期が早すぎるために未熟な細胞のまま積み重なり剥がれにくい特徴があります。未熟な細胞のままだと肌のバリア機能は低下し外部からの刺激を受けるという悪循環に陥ってしまいます。また重なった角質層に皮脂がたまって、ニキビや炎症を起こしやすくなるのです。ターンオーバーの周期を早める原因には、過度のスキンケアが挙げられます。ニキビを改善しようとピーリングをしすぎたり、肌に合わない刺激の強いスキンケア用品を使用したりすると、刺激によって正常な肌の膜が剥がされることになるので気をつけましょう。

まずは皮膚科で正しい治療を受けることが大事!

ほとんどの乾燥肌は間違ったスキンケアが原因です。皮膚科では専門家の立場から、正しいスキンケアの方法や肌質改善のアドバイスをしてもらえます。スキンケアを変えただけで乾燥肌が治った!という人が多くいますので、もし自己流のケアではなかなか改善しないという人は、早めに皮膚科を受診してみましょう。皮膚科では必要に応じて外用薬が処方される場合もあります。病院によって異なりますが、一般的によく使用されるのは白色ワセリンやヘパリン類似物質などです。白色ワセリンは肌の表面を保護して角質層の水分が蒸発するのを防いでくれる働きがあり、外部からの刺激からも肌を守ってくれます。ヘパリン類似物質は、医療の現場でよく保湿剤として使われ、炎症を抑えたりしっかりとした角質層を作ったりする働きがあります。ニキビや肌荒れを伴うケースには、ビタミンB2やB6などの内服薬も処方されるので、肌トラブルを総合的に改善することができますね。また乾燥肌で受診してみたら、アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎と診断された!なんてこともあります。誤った対処法では症状が悪化する恐れがあるので、自己判断せずに皮膚科を受診してくださいね。

とにかく保湿が大事!体の内側と外側両方から水分補給をしよう!

乾燥肌が痛い人必見!正しいスキンケアを知って肌質を改善しよ
成人の体は体重の約60〜65%が水分で占められています。水分が不足すると細胞の新陳代謝がスムーズに行われず、老廃物を溜め込んだり血液がドロドロになったりして、肌も肌荒れや乾燥などのダメージを受けます。みずみずしい肌を保つためにはたっぷりの水分補給が必要です。1日に摂取したい水分量は、食事中に含まれる水分を除いて1.5〜2L程度です。1度に大量の水分を取ると体に負担がかかるので、コップ1杯くらいの水を数回に分けて摂取しましょう。冷たいものは体を冷やし血行を悪くするので、できれば常温か温かい飲み物がいいですね。カフェインには利尿作用があり体内の水分を排出してしまうので、なるべくミネラルウォーターやノンカフェインの飲み物がおすすめです。合わせて体の外側からの保湿ケアも大切です。洗顔や入浴後には、時間を空けずにすぐ保湿化粧水で肌に水分を補給しましょう。特に細胞間脂質である「セラミド」が配合された保湿剤を使用すると、肌に水分を蓄え角質層を育てる効果がアップします。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。