乾燥肌がフケの原因に?乾性フケの症状と対策について

乾燥肌がフケの原因に?乾性フケの症状と対策について

頭をかくたびに落ちてくるフケ。落ちてきたフケは肩などに付着して見た目にも簡単にわかってしまうものです。フケは頭皮トラブルの代表格ともいうべき症状ですが、フケとはいったい何なのか、その正体を知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。フケを解消するためには、まずフケが何物なのかということを知ることが大切です。フケの正体と原因を知って、一日でも早くフケから解放されましょう。

乾性フケと脂性フケの違い

乾燥肌がフケの原因に?乾性フケの症状と対策について
フケといってもその種類がふたつあるということは、意外と知らない人も多い事実なのではないでしょうか。フケには乾性フケと脂性フケという2種類がありますが、厄介なことにこのふたつのフケは原因や症状の性質がまるで異なります。乾性フケというのは、乾燥や乾燥肌が原因となって引きおこされるフケの一種です。パラパラと乾燥したフケであり、粉っぽいところに特徴があります。一方、脂性フケは頭皮の皮脂などが原因となって発生するフケです。脂っぽいしっとりとしたフケという点に特徴があり、頭をかいてもなかなか落ちてこないフケの場合は脂性フケの可能性が高いといえます。頭をかいたときに落ちてくる類いのフケは、前者の乾性フケであると考えられ、乾性フケを解消するためにはまず頭皮の乾燥を防ぐということが有効な手段となります。頭皮も肌の一部であるため、乾燥肌対策を講じる必要があるといえるでしょう。

フケっていったい何物なの?

そもそもフケというのは、頭皮の角質が古くなって落ちてきたものです。頭皮に限らず、人間の皮膚というのは常に再生を続けています。その過程で、古くなったものが打ち捨てられ、新しいものに絶えず生まれ変わっているのです。つまり細胞の生まれ変わりというのは、人間の生命活動にとっては、ごく当たり前のことに過ぎないのです。しかし、問題なのは古くなって剥がれ落ちる細胞の量にあります。正常な細胞の活動においては、剥がれ落ちる角質はかなり微量に過ぎませんが、何らかの原因によって剥がれ落ちる角質が過度に増えてしまうことがあるのです。これがフケとなって目に見えるものとなり、私たちを悩ませる種となってしまうのです。つまりフケというのは、大量に剥がれ落ちた頭皮の古い角質のことなのです。細胞の生まれ変わりのことをターンオーバーといいますが、このターンオーバーが正常に働かないことによって、古い角質が大量に剥がれ落ちてしまうといったフケの症状を発生させます。つまりフケを解消するためには、このターンオーバーの活動を正常にしてあげる必要があるということです。

自分にあったシャンプーと保湿ケアが大事

乾燥肌がフケの原因に?乾性フケの症状と対策について
頭をしっかり洗っているにもかかわらず、フケがボロボロと落ちてきてしまうといったような場合、それはもしかしたら使っているシャンプーが自分の頭皮にあっていないという可能性があります。洗浄力の強いシャンプーを使っていると、頭皮に必要な油分まで洗浄してしまうことがあります。すると、しっかりと洗っているということがむしろ逆効果となり、頭皮の乾燥を招いてしまっていると考えられます。たとえば、頭皮に優しいタイプのシャンプーを使ってみてはいかがでしょうか。アミノ酸系のシャンプーなどは頭皮に優しい設計をしており、敏感肌や乾燥肌の人のフケ対策にとっては非常に有効なものとなります。また、シャンプーだけでなく、頭皮の乾燥を防ぐ保湿ケアをすることも大切です。乾燥肌の人は特に乾性のフケを発生させやすいですが、顔や腕などに保湿ケアをするのと同じ理屈で、頭皮にも保湿ケアが欠かせません。頭皮用の美容液やローション、育毛剤なども頭皮の保湿に有効なのでぜひ使ってみましょう。また、頭皮の乾燥を防ぐためには、室内の湿度を整えるなどの対策も有効です。湿度は40%から60%が適切なので、乾性フケの予防のためにも湿度に注意を払ってみても良いでしょう。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。