乾燥肌かどうかの診断、どうしていますか?

15-1

カサカサで潤いがない乾燥肌で悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?しかし、だからといって自分が乾燥肌と思い込んではいませんか?実はそれ、とても危険なことかもしれません。正しい判断をして適切なスキンケアを行わないと、肌の状態はもっと悪くなってしまうことでしょう。そこで、自分が本当に乾燥肌かどうか知る肌診断はどのように行いたいか、アンケートで聞いてみました!

15

【質問】
乾燥肌かどうか確認する際に、肌診断をするとしたらどの方法をやりたいですか?

【回答数】
インターネットなどを参考に自己判断:16
機械を買って家で診断する:3
化粧品カウンターで診断してもらう:39
皮膚科で診断してもらう:40
その他:2

やっぱり医師の診断は安心!皮膚科が1位に輝く

アンケートの結果、4割の人が皮膚科の医師の診断を受けたいということでした。

・美容皮膚科をかがけている皮膚科なら肌診断ができる機械をもっていたり、知識のある医師がいそうだから。(20代/女性/学生)

・一番確かだし、対象方法や薬の相談なども出来ると思うので、皮膚科の診断が良いと思います。(20代/女性/専業主婦)

・1番信頼できるし、そこまでコストもかからなそう。お店だと高いものを売りつけられそう。(20代/女性/パートアルバイト)

・専門の人に診てもらい判断してもらうのが一番適切だと思うから。(20代/女性/専業主婦)

アンケートの回答からは、信頼性や安心感を求めて皮膚科に行くという意見が多く、多くの女性は肌診断に慎重な姿勢を取っていることがわかります。美容皮膚科では肌診断用の機械を導入しているところもあるようで、医師の専門知識だけではなく機械による正確な判断も、女性たちを安心させる理由になっているようです。また、コストが低いという指摘もあり、皮膚科には肌診断を受けに行くたくさんの理由があることがうかがえます。

メイクのプロ、化粧品カウンターが僅差で2位に!

1票及ばず、化粧品カウンターが39%の得票率で2位になり、次いでインターネットで自己診断、機械を購入の順になりました。

・化粧品カウンターであれば、自分の肌に合ったスキンケア用品をおすすめしてもらえるのではないかな?と思います。(20代/女性/学生)

・化粧品カウンターで機械がおいてあるので診断してもらいプロに解説してもらいます。(20代/女性/自由業・フリーランス)

・一番気軽にできて、お金もかからないのでまずは自己診断でやってみる(20代/女性/パートアルバイト)

・機械なら一度買ってしまえば、自分の好きなペースで好きな頻度で行える。またその後にケアを変えてからも、具体的な数値で自分の肌質の改善が見込めると思う。化粧品カウンターや、皮膚科にまで出向いて診断してもらうのは、大層だし余計にお金を消費しそうで億劫だ。(20代/女性/契約派遣社員)

美容皮膚科と同様に、化粧品カウンターにも機械はあるようで、設備に関しては病院も化粧品カウンターも大差がないことがアンケートから明らかになりました。化粧品カウンターでは肌診断後すぐに適切な化粧品を紹介してくれるなどのメリットもあり、診断と対策を同時に行いたい人にとってはベストな選択となっているようです。その他の意見では自己判断だったり機械を購入したりとさまざまな方向性となっていますが、どちらもあまりお金をかけたくないという共通点があるようです。

さまざまな意見があれど、正確な肌診断が大切!

今回のアンケートでは、皮膚科と化粧品カウンターがそれぞれ40%ほどと、インターネットや機械を使った自己判断よりも高い支持を集める結果となりました。皮膚科も化粧品カウンターも、診断結果に基づき適切なアドバイスを得られることが人気の背景にあるので、診断するだけではなくその後に肌質をどう改善していくかが大切だと考えている人は多いことが読み取れます。不適切なスキンケアを行っていると悪化してしまう危険性があるので、肌の乾燥がひどい状態ではなくても誰か第三者に肌の状態を見てもらうことは重要なのかもしれませんね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29
  • 調査期間:2016年07月19日~2016年08月02日
  • 有効回答数:100サンプル