メイクのノリUP!お肌が喜ぶ朝のスキンケアって?

メイクのノリUP!お肌が喜ぶ朝のスキンケアって?

朝起きてから家を出るまでの時間は、限られた中でメイクや支度をしなくてはならないので、1日の中で最も慌ただしいですよね。しかし、だからといって朝のスキンケアを怠るとメイクが崩れやすくなるなど、いいことはありませんよね。そこで今回は、1日のお肌の調子を決めるといっても過言ではない、朝の正しいスキンケアの方法を紹介したいと思います。

1日の顔を決めるのは、メイク前の正しい洗顔

朝の洗顔は、肌の汚れを落として清潔さを保つためにとても大切です。朝の洗顔は、夜の洗顔のようにメイクの汚れを落とす必要がないため、ゴシゴシと強く洗う必要はありません。強く洗いすぎると、肌に本来必要である油分まで洗い流してしまったり、肌を傷つけてしまったり、肌荒れや乾燥、ニキビなどのトラブルの原因になってしまうこともあります。朝起きたら、まずはぬるま湯で優しく顔を洗いましょう。肌の汚れや汗などが気になる場合は、洗顔石鹸をネットでよく泡立てて、その泡で優しく包み込むようにして洗います。ネットを使って、ツノが立つくらいにキメの細かい泡をつくるのがポイントです。洗顔が終わったら、清潔なタオルで優しく水分を拭き取ります。タオルで拭き取らずに、肌についた水分をそのままパッティングするのもオススメです。

朝パックでお肌を整えよう

55_2メイクのノリUP!お肌が喜ぶ朝のスキンケアって?

時間のない朝にオススメの方法が、朝パックです。朝のパックは、寝ている間に失ったお肌に潤いを与えるためのものなので、高級なパックを使わなくても大丈夫です。パックをしている間に、髪をセットしたり、洋服に着替えたりして、身支度を進めておくことができるので、忙しい時間を有効に使うことができます。残った美容液を首やデコルテ、ひじやひざなどの乾燥が気になる部分に塗ることもできます。肌の奥まで潤いが行き届いた状態でメイクをすることで、メイクのノリやもちが良くなります。

乳液や美容液で、肌トラブルを防止!

55_3メイクのノリUP!お肌が喜ぶ朝のスキンケアって?

朝のスキンケアとして化粧水しか使用しないと、時間が経つにつれて肌が乾燥しがちになってしまいます。夜のケアだけに使われがちな美容液や乳液ですが、「乾燥」を防ぐという点でも、朝のケアとして使うのが効果的なのです。肌のダメージにつながるのは、紫外線の影響だけではありません。外出していなくても、空気の汚れに触れたり、エアコンによる乾燥にさらされたりと、肌は常にダメージと隣り合わせです。肌が乾燥してしまうと、ファンデーションが粉をふいたような状態になったり、せっかく時間をかけたメイクも落ちやすくなったりします。メイク直しも、乾燥した状態の肌だとなかなかうまくできないものです。朝の潤いをしっかり肌に閉じ込め、できるだけ長時間にわたってキープするためにも、美容液や乳液が大切な役割を持っています。
また、肌へのダメージの原因として有名なのが、紫外線です。シミの元にもなる紫外線は、お肌の大敵です。だからと言って、日焼け止めクリームをベタベタと顔に塗るのも肌荒れが心配という方も多いのではないでしょうか。ファンデーションやBBクリームにもUVカット効果はありますが、乳液や美容液にUVカット成分が含まれたものを使うと、より効果的です。
美容液には朝用と夜用があり、朝と夜で使い分けることによって、より効果を実感することができます。夜は肌の栄養を補給したり、寝ている間に傷ついた細胞を健康にしたりする効果のある美容液がオススメです。また、朝は日中の紫外線予防のためのUVカット効果があるものや、メイクを崩れにくくするため、肌への吸着力が強いものを選ぶようにすると良いでしょう。1日のお肌の状態を決めるのは、朝のスキンケアです。寝ている間に失った潤いを取り戻し、日中のダメージに備える朝のスキンケアで、1日中美肌をキープしたいものですね!