ムダ毛処理後はなぜ痒くなる?日頃のケアが大切!

ムダ毛処理後はなぜ痒くなる?日頃のケアが大切!

ムダ毛の処理、どうしていますか?自己処理をしているのであれば、カミソリ、電気シェーバー、脱毛クリームなどを使っている人も多いのではないでしょうか。特に夏などは腕や足を出していることが多いので、毎日ムダ毛の処理をしないと気になることもあるかもしれません。しかし、人によっては処理後に肌が痒いと感じることもあります。ムダ毛処理だけでも大変な作業ですが、その上肌が痒いとなると本当に困ってしまいますよね。今までムダ毛処理をしていて問題なかった人でも、乾燥肌や敏感肌になり突然かゆいと感じ始める時もあります。どうすればこのつらい痒みを防ぐことができるのでしょうか。

ムダ毛を処理すると肌が痒くなるのはなぜ?

11_2

ムダ毛処理にカミソリを使っている人は特に肌の痒みが出やすくなります。敏感肌や乾燥しがちな肌の人は思い当たるのではないでしょうか。このような肌の人はムダ毛処理をする時に、特に注意が必要です。カミソリで処理するときには、知らないうちに肌の表面を削ってしまったり傷がついてしまったりすることにより、肌は刺激を受けやすい状態になります。そのため自分の着ている服が肌に少しあたっただけでも、痒いと感じてしまいます。
また、肌の痒みの原因はカミソリだけではありません。元々乾燥肌で保湿を怠っていると、ムダ毛処理をした後の痒みを増長させてしまいます。さらに、脱毛クリームが肌に合わない、シェービング用のクリームが肌に合わない、などの理由で痒みを引き起こすこともあります。そのままにしておくと痒みが悪化して肌に炎症をおこしてしまう可能性がありますので気をつけておきたいものです。

なるべく肌が痒くならないようにするムダ毛処理の方法

ムダ毛処理後に肌に痒みが出ないようにするには、どのような方法があるのでしょうか。まずカミソリを使っている人は、肌の保湿が重要です。ムダ毛処理する時には、石鹸よりも専用のシェービングフォームを使いましょう。泡立ちが悪いと肌の表面にカミソリが直接当たって肌を傷つけますので多めに使用します。また、毎日カミソリを使うのを極力控えて定期的に肌を休めることも大切です。
カミソリは肌に合わないという人もいるはずです。そのような人は電気シェーバーや肌に合った脱毛クリームなどを試してみるとよいのではないでしょうか。これらの方法も自分の肌に合わないと、痒みの原因になりますので気をつけましょう。
様々な方法を試してみても痒みがなくならない人は、エステサロンなどでプロにムダ毛処理をお願いすることも選択肢のひとつです。自分の肌に合ったケアが受けられるので、肌のためにも考えてみましょう。永久脱毛をするとムダ毛の自己処理をしなくてすみます。敏感肌や乾燥肌で悩んでいる人は、これ以上肌に負担をかけることがなくなり、痒みも発生しなくなるため、検討する価値があるのではないでしょうか。

ムダ毛を処理するときにはしっかり肌をケアしましょう

11_3

特にカミソリで自己処理をする時には処理前、処理後のケアをすることで、痒みを防ぐことができます。ムダ毛の処理をする前には、あまり力を入れて洗いすぎないようにしましょう。皮脂を洗い流してしまってからムダ毛を処理すると、さらに痒みを感じやすくなります。ムダ毛処理によって肌が荒れていたり、痒みが伴っていたりすると皮膚の表面が既に敏感な状態になっているため、やさしく洗うようにします。
ムダ毛処理前は、必ず刺激の少ないクリームや化粧水などで肌を保湿することも大切です。また、ムダ毛処理後のケアも重要になります。処理後は肌が炎症を起こしやすい状態になっていることがありますので、冷たいタオルですぐに冷やすなどして、肌を落ち着ける必要があります。その後刺激のないローションでしっかり保湿をするという順番でアフターケアをするとよいでしょう。