ムダ毛処理はどうするのが一番?剃るメリットとデメリットとは

ムダ毛処理はどうするのが一番?剃るメリットとデメリットとは

たくさんの女性がムダ毛の処理に人生の多くの時間をかけていることでしょう。ムダ毛処理で最も一般的な方法はカミソリで剃ることだと思いますが、物事には全て表と裏があるように、剃る処理方法にもメリットとデメリットがあります。しっかりとその2つを見極めて、ムダ毛が生えている場所に合ったテクニックを駆使しましょう!カミソリでの処理がOKなこともあれば、抜いたり、脱毛サロンで処理してもらったりする方が良い場合もありますよ。

カミソリの利点は安価なところ

カミソリを使うことの最大のメリットといえば、安価で手軽にムダ毛処理を行えることでしょう。また、自宅で好きな時間に行えるので、時間も手間もそんなにかからないのが多くの女性がカミソリで処理する理由ではないでしょうか。
カミソリ自体はドラッグストアなどで低価格で販売してます。カミソリは1回だけの使い捨てではなく、何度も使えるので経済的なのも魅力の1つです。お風呂タイムで簡単にムダ毛の処理が行えるので、毎日ムダ毛の処理をしていると言っても、そんなに負担を感じないかもしれません。

敏感肌の人にはデメリットも

58_2ムダ毛処理はどうするのが一番?剃るメリットとデメリットとは

自分でカミソリを使ってムダ毛処理をした後、肌が赤くなってヒリヒリした経験をしたことはありませんか。カミソリは刃物なので、ムダ毛だけではなく、皮膚の表面まで削ってしまうことがあります。俗に言うカミソリ負けですが、毎日ムダ毛処理を行わなければいけない人からすると、大変な困り者です。一度カミソリに負けてしまうと、ローションや保護クリームをつけて改善を試みても、肌自体が傷んでしまっているので焼け石に水です。数日は肌の回復を待たなければならず、その間ムダ毛を剃ることができないというデメリットが発生します。カミソリ負けならまだ良い方で、質の悪いものや切れ味の悪いカミソリを使っていると、つい力を入れてしまって肌をざっくり切ってしまうこともあるのです。傷は一週間くらいで治りますが、傷跡は一生残るかもしれません。また、何回も使えるとはいえ、カミソリはいずれ捨てて、新しいものを使わなければならず、エコの観点から見ても、使い捨てのカミソリは地球にあまり優しくないと言えます。
もう1つのカミソリ処理のデメリットとして、剃った毛は再びすぐに伸びてくることが挙げられます。まるで終わることのない戦いのように感じられることでしょう。しかも、自然に生えた状態の毛よりも処理後の毛は太く硬くなるので、剃った後の毛は剃る前よりも目立ってしまうことがあるのです。そうなれば本末転倒ですよね。痛い思いをしてピンセット等で抜くか、脱毛サロンや永久脱毛クリニックに行くしか対処法はありません。カミソリでのムダ毛処理は、あくまでも表面上の、一時しのぎと考えた方が良いでしょう。

カミソリを使うかどうかは、まずは自分の体質を見極めてから

58_3ムダ毛処理はどうするのが一番?剃るメリットとデメリットとは

ムダ毛処理の方法は、何も剃ることだけではありません。抜いたり、除毛クリームを使ったり、脱毛サロンなどの他の選択肢もたくさんあります。自分が敏感肌だと自覚している人は、なるべくカミソリでの処理は行わず、自分に合った方法を探す方がきれいな肌への近道です。
また、若い人は、これから数十年続く長いムダ毛との戦いの初期装備をカミソリで始めるのではなく、永久脱毛を行ってムダ毛をほぼ全滅させるという奥の手を使うことも考えて良いかもしれません。初期費用はかかりますが、これから買い続けるカミソリの値段やムダ毛を処理する時間を考えると、トータルで見た時にお得だと感じられるでしょう。歳を取るごとにコストパフォーマンスは悪くなっていくので、若い人は早めに脱毛サロンについて調べるのがおすすめです。