ムダ毛処理の最新脱毛トレンドとは?

ムダ毛処理の最新脱毛トレンドとは?

夏が近づいてくると、どんどん気分が沈んでいく女性もいるかもしれません。暖かい季節が近づいてきて気分も開放的になるかと思いきや、その逆で憂鬱な気分になる…。その理由に、露出が多くなる季節のムダ毛処理に関する悩みが大きな要因を占めている人も多いでしょう。
ムダ毛処理にはいくつもの方法がありますが、お金や時間をなるべくかけずにいらない毛を根絶したいものですよね。しかし、そのような夢みたいな方法は果たしてあるのでしょうか。従来のムダ毛処理から、最新の脱毛トレンドまでを幅広く解説していきます。

ムダ毛を剃るのは一番手軽?でも、肌を傷つけるデメリットも

多くの女性が一度は行ったことがあるムダ毛の処理方法は、カミソリを使って剃ることでしょう。お風呂タイムで体を洗っているときについでにできる手軽さが、剃ることの最大のメリットと言えるでしょう。処理時間も短く、毎日定期的に行えるので、忙しい女子の強い味方ですね。またカミソリ自体も安価であり、ドラッグストアやコンビニでも買えるので、道具を揃えるという面でも手軽です。

しかし、毛を剃る処理方法にはデメリットがあります。切れ味の悪い安物のカミソリを使っていたり、もったいないからと何ヵ月も同じカミソリで処理をし続けたりしていると、思わぬときにカミソリの刃で皮膚を傷つけてしまうことがあります。流血するケースもあり、ムダ毛はなくなったけれど傷跡が残るという悪夢のような事態に陥る可能性もあるのです。また、カミソリで剃っても次の日にはまた少し毛が伸びてきてチクチクするので、延々と剃り続けなければいけないのもデメリットの一つでしょう。カミソリが安価といっても、今後何十年も購入を繰り返すことを考えると、一生のうちでかなりの額をカミソリ代に使うことになります。新しいカミソリを買えば古いものを捨てなければならないので、環境にも優しいとは言えません。

抜くのは確実なムダ毛処理方法だけど、痛い!

19_2

ムダ毛の処理には「抜く」という方法もあります。ピンセットで抜く方法はピンセットがあればいつでもどこでも処理ができ、またムダ毛を毛根から排除するので、処理後もチクチクせずにきれいになるメリットがあります。しかし、抜く行為は部位によってはとても痛いことがあります。慣れてくれば痛みを感じにくくなることもありますが、それまでにかなりの痛みを伴うのが抜く脱毛法のデメリットでしょう。鼻の中やデリケートゾーンなど粘膜に近い部分の毛を抜くと、少なからず粘膜を傷つけてしまうことがあり、そこから細菌に感染する可能性もあるので注意が必要です。
ムダ毛を抜く処理方法を繰り返していくと、皮膚の下に毛が埋まってしまう埋没毛になることがあります。通常毛は皮膚の下から上へと生えていくのですが、埋没毛は皮膚の上に出ることができず、皮膚の中で成長していく厄介な存在です。黒くボツボツしているので見た目には美しくありません。埋没毛も抜く方法の短所の一つでしょう。

最新脱毛トレンドで肌を傷つけない脱毛処理を

19_3

脱毛をする上での様々なデメリットを解消した脱毛のトレンドはやはり永久脱毛でしょう。永久脱毛は、名は体を表すという諺の通り、繰り返し施術を行えば半永久的にムダ毛が生えてこなくなる現代の技術が生み出した脱毛法です。一般的な永久脱毛方法にレーザー脱毛があります。施術の前にはムダ毛をカミソリで軽く処理しなければいけないものの、数回のレーザー処理で以前よりも半分以上の毛が生えてこなくなります。永久脱毛には施術代がかかりますが、今後ずっとムダ毛の処理から解放されることを考えると、カミソリ代が浮き、埋没毛からもおさらばできるのでトータルでお得と言えるのではないでしょうか。