ムダ毛処理の後がツライ!チクチクを防ぐ方法

ムダ毛処理の後がツライ!チクチクを防ぐ方法

ヒートカッターを使ってみる

ヒートカッターを使ってみる

女性にとってムダ毛の処理は必須事項。すね毛や腕の毛、手足の指など細かいパーツも含めれば夏だけでなく、一年中ムダ毛処理に追われてしまいます。またそれに輪をかけてお悩みなのはムダ毛処理後のチクチクですよね。まるで男性のヒゲ剃り跡のようなチクチクぶりには本当に参ってしまいます。そんな気になるチクチクを解決するには、まずヒートカッターを試してみてはいかがでしょう。ヒートカッターは熱で毛を焼き切り、毛先が熱で丸くなるため、シェイバーやカミソリなどで毛を切るより、チクチクが感じにくくなります。また、チクチクと刺激しないので痒みや肌荒れも防げますし、ショーツから毛が飛びだすこともありません。そして毛先が丸くなるメリットとしては、ふわっとした感じのアンダーヘアのカットができること。ヒートカッターはチクチク解消、カットのしやすさでおすすめです。

除毛クリームで毛を溶かす

気になるチクチクを回避するには除毛クリームでムダ毛をとかす、という方法もよいでしょう。除毛クリームで表面上のムダ毛を溶かしてしまうため、シェイバーなどで毛を切るのと比べて、チクチクを感じることはほぼありません。除毛クリームは、扱いやすいのも大きなメリットですね。ムダ毛を処理したい部分に毛が隠れるくらいの適量のクリームを塗り、5~10分ほど待ちます。その後、ティッシュなどでクリームと溶けた毛をふき取るか、洗い流すだけで完了です。時間はシェイバーなどでムダ毛を処理したときとあまり変わらず、塗って放置すれば毛が処理できるので気持ち的に楽です。永久脱毛ではないのでまた生えてきたときに処理を繰り返す必要はありますが、ヒートカッターでの処理と同様に、除毛クリームでは処理後の毛先が丸くなりますので、チクチク感がなくツルツルした肌の感触をえることができます。除毛クリームは腕や足などのムダ毛処理に向いていますが、顔やデリケートゾーンなどの敏感な箇所には使えませんから、顔やデリケートゾーンのムダ毛には他の処理方法を利用しましょう。

シェービングの場合はジェルやクリームを使用

シェービングの場合はジェルやクリームを使用

ムダ毛処理でシェービングをする場合もありますね。その場合にいくつか気をつけたいことがあります。まず、直接肌にカミソリをあててシェービングを行わないことです。直にシェービングをするのは肌荒れや肌を傷つけることになり、また、ムダ毛が皮膚にめり込んでしまうこともあります。肌のトラブルをシェービングで引き起こさないようにするためにも、ジェルやクリームを肌に塗り、そのうえでシェービングをするようにしましょう。また、肌に負担をかけないシェービングをするために、入浴後など肌や毛を清潔な状態にしておくことや、暖かいタオルなどで肌を温め、毛をやわらかくしておく準備も必要です。また、毛の流れの方向に沿って剃ること、ムダ毛処理後は保湿をし、肌の乾燥を防ぐことにも気をつけましょう。ムダ毛処理でチクチクしてしまうのは、カミソリなどシェービングによることが多いのですが、シェービングは思い立ったときにすぐできる手軽なムダ毛処理方法です。肌への負担を少なくするシェービングを心がけ、チクチクする部分は肌を毛先で痛めないようにしっかり保湿クリームなどでお手入れをしましょう。
気になるムダ毛処理後のチクチクは除毛方法によって回避できます。チクチクを我慢していると赤くできものができたり、炎症を起こしたりしがちです。一度ヒートカッターや除毛クリームなど、チクチクしにくい除毛方法を試してみましょう。そのうえで、自分のムダ毛処理のサイクルや時間のとり方など、日常処理しやすく自分に合う除毛方法を見つけ、キレイな肌を目指しましょう。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。