ムダ毛処理のアフターケアー注意するべきポイントとは?

ムダ毛処理のアフターケアー注意するべきポイントとは?

手軽にできる自宅でのムダ毛処理を習慣にしている人は多いですが、その後のアフターケアは皆さんどのようにしているでしょうか。ムダ毛処理後の間違った行動は、肌トラブルにつながってしまうことがあります。ムダ毛がなくなったからといって安心せずに、ムダ毛処理で負担のかかった肌のケアを上手にしたいものですね。今回は、なぜムダ毛処理後の肌ケアが欠かせないのか、またどんなケアが大切か、アフターケアをしていてもトラブルが出てしまった場合はどうするかを考えていきましょう。

剃りっぱなし抜きっぱなしがNGなのはなぜ?

19_2

カミソリや毛抜きは一般的な脱毛法ですが、実は意外なほど肌へのダメージが大きいのがデメリットです。カミソリ負けや色素沈着を引き起こすことがあります。適切なアフターケアをしないためにそうした肌ダメージが蓄積されると、埋没毛や黒ずみになり、治すのにも時間がかかってしまいます。同様に除毛ローションや脱毛ワックスでのムダ毛処理も、肌への刺激が強い成分が含まれているため除毛後に赤みやかゆみ、ブツブツになるなどの症状が現れることもあります。さらに、うなじや背中などは皮脂腺が多くて汗をかきやすい割にケアしにくい場所なので、ムダ毛処理後にニキビがたくさん出来てしまうケースも多いです。ですから、ムダ毛処理後には敏感になっている皮膚を鎮静させるなどのアフターケアが欠かせないのです。

クリームで優しく潤いをプラスするべし!

ムダ毛処理後の肌は角質を取り除いているために水分が蒸散しやすく、とても肌荒れしやすい状態になっています。また、雑菌により感染や炎症が生じ、ニキビなどが起きやすい環境です。そうした肌トラブルを回避するためには徹底した炎症予防と乾燥対策が欠かせません。まず、脱毛によって軽い炎症状態になっている皮膚を鎮静させます。冷たいタオルや冷却ジェルなどを優しく当ててあげましょう。細菌の増殖を防ぐため、清潔にすることも意識します。続いて、肌の乾燥によるトラブルを防ぐには、ムダ毛処理をしたあと、毎日保湿をするようにしましょう。ミルク状の保湿クリームを使ってしっかりと保湿してあげるのが効果的です。肌を守るバリアは、油分と水分の膜で出来ていますが、クリームで潤いをプラスすることで、そのバリアを作ることができます。クリームは、肌の表皮にもともとある保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸を含むものを選ぶとよいでしょう。また、ムダ毛処理後に一度だけスペシャルケアをするのではなく、毎日しっかりと継続してケアすることで効果が得られます。

お肌トラブルが出現!赤みやかゆみが出てしまったら?

肌が荒れている時には、化粧水やクリームでは浸透性が高く、かゆみや赤みが出てしまうケースがあります。既にそうした肌トラブルが起きていしまったら、バーム状の保湿剤を使うとよいでしょう。これは、軟膏状で油分が主成分になっているこってり系の保湿材です。蜜蝋やシアバターの油分が多く含まれ、鎮静効果があります。刺激が少なく保湿したいときにおすすめです。また、かゆみが強い時にはバームの前にかゆみ止めの薬などを塗ってかゆみが静まったあとに保湿ケアをするようにします。アフターケアをしっかりしているのに肌トラブルが起きてしまう人は、肌へのダメージが少ない脱毛サロンでの脱毛を考えてみるのも良いでしょう。保湿などのアフターケアもしてくれますし、自己処理しにくい部位もキレイにしてくれるのは魅力的ですね。自己処理では綺麗にケアするのが難しいという人や、ムダ毛処理が面倒に感じるという人は、思い切ってプロの手を借りてムダ毛の悩みから解放されるのも良いかもしれませんね。