ムダ毛を抜くときに考えたい良い点と悪い点

ムダ毛を抜くときに考えたい良い点と悪い点

手軽に毛抜きで処理できる

手軽に毛抜きで処理できる

毛抜きによるムダ毛処理は、いつでも手軽に処理を行えて便利です。毛抜きによる自己処理同様、人気が高いカミソリでの処理は、シェービング剤やソープを使用しなければ、きれいに処理を行うことが難しいです。毛抜きでの処理は、カミソリでの処理のように、肌全体を傷つける心配はありません。毛根からムダ毛を除去することが可能であるため、処理後ムダ毛が生えてくるまでの期間が長く、頻繁に処理を行う必要もありません。カミソリで自己処理を行った後のように、黒いプツプツが目立ってしまうこともなく、処理後の仕上がりもチクチクせず、肌表面が滑らかに仕上がります。毛抜きといえば、抜くときに生じる痛みに抵抗を感じるという方も多いのですが、商品の改良により、扱いやすく抜きやすい毛抜きも多数販売されています。スムーズにムダ毛が抜けるように設計された、毛抜きを使用することによって、嫌な痛みを軽減することができるでしょう。

コストよりも時間がかかる

毛抜きによる処理は、ムダ毛の1本1本を丁寧に抜く必要があるため、時間がかかる処理方法でもあります。ワキや眉などの、小さな部位であれば問題ありませんが、腕や足などの処理を行うと膨大な時間を必要とします。また、毛抜きでムダ毛処理を行う場合、細い毛は抜きにくいこともあるでしょう。細いムダ毛を毛抜きで挟み、抜こうとすると毛が切れてしまうため、上手に処理ができないのです。部位によっては細い毛が見えにくく、さらに時間がかかってしまう場合もあります。ムダ毛を処理するために長い時間を使っても、毛穴が広がって見えてしまったり、毛穴内部に炎症が起こってしまったりと、毛抜きによるムダ毛処理は、肌トラブルが起こりやすいことも事実です。毛を抜くという行為は、ムダ毛のみならず毛穴の中や毛穴周辺の皮膚まで傷つけてしまいます。肌全体に傷がつくことはありませんが、毛穴に与えるダメージはとても大きいのです。また、毛抜きによって起こりやすい肌トラブルひとつとして「埋没毛」があります。埋没毛とは、何らかの原因によって、毛穴が皮膚に塞がれてしまい、本来肌の表面に露出するはずの毛が、肌内部で育成されてしまう症状です。毛抜きで処理を行い、毛穴に大きな負担がかかると、埋没毛が発生してしまうリスクが高まります。

 自己処理ではバイ菌が入ることも

 自己処理ではバイ菌が入ることも

毛抜きで自己処理を行った直後の毛穴内部は、皮膚が剥がれてしまっている状態です。ひどい場合だと、毛穴から出血が見られる場合もあります。傷ついた毛穴に、細菌が侵入すると毛穴内部は炎症を起こしてしまいます。皮膚の外面は赤くなり、吹き出物のような膨らみが見られます。この毛穴の炎症は「毛嚢炎」と呼ばれており、毛抜きによる自己処理で起こりやすい肌トラブルのひとつです。通常、毛抜きが与える毛穴へのダメージは、2日から3日程度で落ち着くケースが多いですが、毛嚢炎の症状が見られる場合、炎症が1週間以上続いてしまうこともあります。毛嚢炎は、細菌によって起こる炎症が原因であるため、抗生剤による治療が効果的です。炎症が長引く場合は、1度皮膚科を受診するようにしましょう。皮膚科での毛嚢炎治療は、細菌を殺菌する為の飲み薬や、外用薬の処方が一般的です。毛嚢炎を放置すると、炎症が治まった後でも色素沈着を起こしてしまう場合があります。1度、毛穴内で色素沈着を起こしてしまうと、除去するための治療は難しいです。色素沈着を改善するためには、ピーリングによって肌の生成を促進したり、ビタミンCなどの成分を肌に塗ったりすることが有効ですが、患部が毛穴内部にみられる場合、これらの方法では十分な効果を得ることができません。毛嚢炎などの肌トラブルを予防するためには脱毛サロンを利用するなど、プロの手に任せることが有効です。毛抜き処理の良い点と悪い点を理解して、賢いムダ毛ケアを行いましょう。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。