ムダ毛は剃る?抜く?それとも抑毛してムダ毛にサヨナラする?

ムダ毛は剃る?抜く?それとも抑毛してムダ毛にサヨナラする?

ムダ毛は、多くの女性にとって悩みの種ですね。とくに人よりムダ毛が濃かったり多かったりする人は、薄着の季節はゆううつになってしまいます。剃ってもまた生えてくるムダ毛は、「抑毛」することで生えるスピードを遅らせてだんだん目立たなくする効果が期待できます。

カミソリよりお肌にやさしい「抑毛」

ムダ毛はカミソリで自己処理をしている人が多いでしょう。カミソリは手軽に使えて便利ですが、さまざまな肌トラブルの原因にもなってしまいます。たとえば、カミソリで傷ついた肌から細菌に感染して、炎症を起こしてしまうことがあります。また、カミソリは肌の角質も一緒に削ってしまうため、お肌が乾燥しがちです。剃った後にヒリヒリ痛くなったり、かゆくなったりすることも少なくありませんよね。「カミソリより生えてくるのが遅くなるから」と、ムダ毛を毛抜きで抜いている人も要注意です。「埋没毛」といって、生えてきた毛が皮膚の中で丸まった状態になることがあります。黒くポツポツして見た目が悪いだけでなく、毛のう炎になってしまう危険性もあります。

「剃る」「抜く」に比べて「抑毛」は、お肌にやさしい方法です。「抑毛」する時に使う「抑毛剤」は、ローションタイプが主流でお肌に塗るだけなので、お肌を傷つける心配がありません。塗るとしっとり潤うので、肌トラブルを予防したり解消したりしてくれます。顔やビキニラインなど、デリケートな部分にも安心して使用できます。

使い続けると毛がだんだん薄く目立たなくなる!

抑毛ローションに含まれている代表的な成分は、豆乳などの「大豆イソフラボン」です。「大豆イソフラボン」は女性ホルモンのような働きをします。それにより、毛を濃くする男性ホルモンを抑制することができます。毎日抑毛ローションを使い続けることで、抑毛成分がムダ毛の根元に浸透して、ムダ毛がだんだん薄く生えにくくなります。また、女性ホルモンのような働きは、お肌をきめ細かいなめらかな肌にするなどの美肌効果や美白効果をもたらしてくれます。

抑毛ローションに含まれる抑毛成分でもうひとつ有名なのが、「パパイン酵素」などのパパイン成分です。「パパイン」は、果物の「パパイヤ」から抽出されます。植物性なので、お肌にやさしい成分です。ムダ毛は、「ケラチン」というタンパク質によって構成されていますが、「パパイン酵素」にはタンパク質を分解する働きがあります。それによって抑毛効果が得られます。また、肌や毛穴の汚れを取り除いてお肌をツルツルにする効果もあります。

自己処理した後の気になる黒ずみも解消!

カミソリでの自己処理を繰り返していると、お肌に負担がかかって色素沈着を起こしてしまいます。「ノースリーブや水着を着たいけれど、脇が黒ずんでいて恥ずかしい」という人もいるのではないでしょうか。また、ビキニラインも下着の締め付けなどによって黒ずみやすい箇所です。抑毛ローションには、こういった黒ずみを解消する効果もあります。抑毛ローションに含まれる「大豆イソフラボン」は、お肌の新陳代謝を高めたり毛穴を引き締めたりしてくれます。毎日塗ることによって、肌の黒ずみもだんだん薄く目立たなくなっていきます。

抑毛ローションを塗るタイミングは、お風呂上がりが最適です。お風呂に入った後は体が温まって毛穴が開いている状態なので、抑毛成分が毛穴の奥までしっかりと行き渡ります。手のひらで抑えるように塗ると浸透しやすくなります。2~3回重ね塗りすると良いですね。特に黒ずみが気になる部分には、抑毛ローションを染み込ませたコットンをしばらく置いておくとベストです。「抑毛」で白くてツルツルの魅力的なお肌を手に入れましょう!