ムダ毛が濃くなる!?原因と対処法が知りたい!

ムダ毛が濃くなる!?原因と対処法が知りたい!

ムダ毛が濃くなるのはホルモンバランスが影響

女性にとってはいつでも悩みのタネである、ムダ毛。せっせと脱毛してもまた生えてくるならいざ知らず、むしろ濃くなった!?なんて思うことはありませんか?実はムダ毛が濃くなる、ということは実際ある話なのです。そもそも体毛というのは男性ホルモンの影響を強く受けます。男性のヒゲが濃くなるのも、胸毛がたくさん生えるのも、男性ホルモンの分泌が盛んだからです。女性にとっても同様で、女性ホルモンよりも男性ホルモンの分泌が多いときは、男性ホルモンの働きを受けて体毛が増えたり濃くなったりするのです。女性の場合は通常女性ホルモンの分泌が盛んなのですが、女性ホルモンは加齢や環境などの内外因の影響を受けやすく、ときにより減少することがあります。対して男性ホルモンの分泌は特に変化はないといわれていますので、男性ホルモンの分泌が優位に立ってしまうとホルモンバランスが崩れ、その結果体毛が濃くなってしまう、ということが起こります。

妊娠や更年期には女性ホルモンが減少

このように女性ホルモンは繊細で、さまざまな要因で減少することがありますが、代表的なのが妊娠・更年期です。これらの時期に女性ホルモンが減少し、結果男性ホルモンの分泌の影響で体毛が濃くなることがあります。妊娠期にも女性ホルモンは分泌されていますが、妊娠という肉体・精神面双方でストレスがかかる状況においては、女性ホルモンも少なからず影響を受け、女性ホルモンが減少するということに繋がります。また、閉経間近、あるいは閉経後という女性特有の更年期の体の変化で女性ホルモンが減少していきます。そのため男性ホルモンの分泌が優位に立ち、体毛にも変化が生じます。ちょっと体毛に変化を感じたら、それは女性ホルモンが減少している、そんな証なのかも知れません。

過激なダイエットや寝不足など生活習慣の乱れも原因

また、更年期や妊娠しているわけでもないのにムダ毛が増えたな、濃くなったなと感じたら、それは別の要因がある証拠です。あくまでも男性ホルモンの分泌が盛んになっているという証拠ですから、原因を突き止めるのはそう難しくないはずです。まず男性ホルモンが増える原因の一つは「過激なダイエット」です。実は女性ホルモンは体脂肪から作られます。過激なダイエットをし、体脂肪が急激に減るようなことがあれば、女性ホルモンの材料がなくなってしまうため必然的に女性ホルモンの分泌は少なくなります。また、寝不足や普段の生活習慣の乱れも女性ホルモンが減少する原因の一つです。寝不足は交感神経が優位な状況が続くので男性ホルモンの分泌が活発になります。肉食が多い食生活、喫煙やストレスも女性ホルモンを減少させます。健康的な生活が女性ホルモンの分泌を保つのです。

大豆製品に含まれるイソフラボンを摂ろう!

とはいえ、夜遅くまでの残業や普段の生活や会社の中でのストレスなど、女性を取り巻く環境は悪化するばかりです。そんな女性ホルモンを減少させるような中何をどうすればいいのでしょうか。実は更年期で悩む女性や妊娠期の女性にとって、ホルモンの乱れによる不調をフォローしてくれる頼もしい食品があります。それはなんと大豆。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと同じような構造をしており、女性ホルモンと同じ働きをしてくれる効果があります。大豆は日本人の食生活に深く根ざした食品ですね。牛乳や生クリームの代わりに豆乳を料理にうまく取り入れたり、納豆や味噌、豆腐など、大豆製品を毎日上手に生活に取り入れられると、ムダ毛が増えたり濃くなったりといった、体毛のお悩みを解決してくれる可能性があります。また、ムダ毛のこと以外にも女性ホルモンの減少によって引き起こされるさまざまな不調を整えることも期待できます。

上記のようなムダ毛のしくみとその対策をしっかり押さえると、ムダ毛の処理もラクになるでしょう。