ノーメイクがスキンケアの新たな流れって本当?

スキンケア

メイクは女性の身だしなみとして今やほとんど当たり前になってきていますよね。でも、そのメイクがお肌に大きな負担をかけているかもしれないことを知っていましたか。最近ではノーメイクが肌対策にはいいという考えが増えてきているようです。それでは、スキンケアはすっぴんに徹することが大切だと思う女性はどれくらいいるのかをアンケート調査してきたので早速見ていきましょう!

14
【質問】
あなたは究極のスキンケアはノーメイクに徹することだという考えに賛同しますか?

【回答数】
はい:59
いいえ:41

すっぴんは肌質改善に効果があると経験した女性は多い

今回のアンケートでは、すっぴんこそ究極のスキンケアだと思っている人が全体の6割近くを占めることが分かりました。

・出産後にメイクを怠っていたら、なぜか肌がどんどんきれいになっていったので、すっぴん生活のおかげだと思っています。(30代/女性/自由業・フリーランス)

・ノーメイクの時は肌荒れが殆どないが、長時間メイクをしていると肌が荒れるので。ノーメイクでも肌の状態によってはスキンケアパウダーをはたいたりする。(20代/女性/パートアルバイト)

・ファンデなどはやはり毛穴に詰まってしまって、落とし切れず残ってしまうこともあります。肌の調子が悪いときは、ノーメイクでいます。(20代/女性/専業主婦)

・身だしなみとしては大事だけどファンデーションなどで皮膚が呼吸できないとか、成分の面からみても肌にいいとは言えない。(20代/女性/専業主婦)

ノーメイクがスキンケアに有効と考えている人の多くは、経験から意見をしているということが分かります。メイクをしない期間肌質が改善されることがあるようなので、休日など人に会わない期間はメイクを寺内時間を設けるといいのかもしれません。また、回答の中で多かったのは、ファンデーションが肌に良くないというものでした。ファンデーションをつける量を減らしたり、肌に良いものに変えたりすることでもお肌は良い方向に向かうかもしれませんね。

紫外線対策だけはしっかりととろう

すっぴんは最高のスキンケアとは考えない人の意見も見てみましょう。

・ノーメイクだと、外に出た時紫外線を直に浴びてしまうし、シミやそばかすなどが増えてしまうから。(20代/女性/専業主婦)

・空気も汚れているし、紫外線も浴びるので、外出時にノーメイクは肌によくないと思うから。(30代/女性/専業主婦)

・ノーメイクであっても、花粉やウイルスなどがついたり、皮膚の表面にゴミがたまったりするので、 それを落としたりしなければならないため、究極のスキンケアとは言えないと思う。(20代/女性/会社員)

・やっぱりメイクを楽しみたいので、食生活や睡眠時間などを気を付けるといいのかなと思います。(20代/女性/パートアルバイト)

「いいえ」に票を投じた女性の多くは、ノーメイクだと紫外線や外気、花粉などが肌に直接当たるので肌には良くないと考えていることが伺えます。特に紫外線に対して無防備になるのは肌に悪いと考える傾向が見て取れるので、外出時には日焼け止めを塗る方がいいのかもしれません。一方、肌対策は生活の改善からという意見もあり、人によっては様々なやり方があるようです。

肌に負担をかけないために効果的な方法とは

スキンケアに対する考え方は人それぞれある様ですが、どの女性もお肌を良い状態に保つために色々と考えて対策をしていることがアンケートの結果から読み取れました。彼女たちの意見をまとめると、ファンデーションはなるべく厚塗りせず外出時以外にはつけないようにするとスキンケアの効果が高く、一方、日焼け止めはなるべく塗る様にすると紫外線から肌を守れるということのようです。いずれにしても、何かを肌につけた後はそれをきれいに落とすことを心がけ、肌の負担を軽くさせてあげましょう。10年後の肌に差をつけられるかもしれません。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】0 – 20 20 – 29
  • 調査期間:2016年04月05日~2016年04月19日
  • 有効回答数:100サンプル