ニキビ顔を克服?スキンケアで美肌を作ろう

ニキビ顔を克服?スキンケアで美肌を作ろう

ニキビができるメカニズム

ニキビができるメカニズム

ニキビの症状は、肌のターンオーバーが乱れ、皮膚表面にある毛穴が詰まることから始まります。肌のターンオーバーが乱れてしまう原因は、ホルモンバランスや生活習慣の乱れ、肌の乾燥などさまざまです。毛穴が詰まってしまうと、皮膚表面に出るはずの皮脂が排出されなくなってしまうため、毛穴の中に溜まってしまいます。この段階は白ニキビと呼ばれ、炎症などはなく、肌表面がうっすらと盛り上がっている状態です。やがて毛穴に詰まった皮脂が酸化すると黒く変色し、黒ニキビになります。さらに症状が進行すると、毛穴の中に溜まった皮脂を餌にアクネ菌が増殖し、患部に炎症が起こります。肌表面から見ると赤く腫れあがったニキビは、赤ニキビと呼ばれています。赤ニキビがさらに進行すると、患部に膿ができ、指で触っていなくても、かゆみや痛みを感じる黄ニキビになってしまうこともあります。

肌タイプによってケアが違う?

ニキビができる原因となる、肌のターンオーバーの乱れは様々な要因が考えられるため、ニキビを根本的な原因から治療することは難しいこともあります。そのため、ニキビから肌を守るには肌質にあったスキンケアを行うことが大切です。ニキビは、肌の皮脂分泌が過剰に働いてしまう、油性肌に起こりやすい肌トラブルであると認識している方も多いのですが、乾燥肌や敏感肌の方でもニキビの症状は現れます。乾燥により、肌のバリア機能が低下してしまうと、肌が外部の刺激に耐えられず、炎症を起こしやすい状態になってしまうのです。洗顔後の肌のツッパリが気になる方や、基礎化粧品がぴりぴりと染みてしまう方は、乾燥により肌が敏感な状態に傾いているといえます。化粧水が染みてしまったり、乾燥が気になったりする場合は、基礎化粧品の重ね付けは避けた方が無難です。ミルクやクリームなどで、シンプルなスキンケアを行うようにしましょう。乾燥により敏感になった肌には、細かい赤ニキビができやすくなります。肌のバリア機能が低下した状態でできてしまったニキビは、炎症が収まりにくいこともあるので、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。肌が脂っぽく、おでこや鼻の周りにニキビができてしまいやすい場合は、皮脂の過剰分泌がニキビの原因になっていることも考えられます。洗顔をしっかりと行い、肌を清潔に保つスキンケアを心がけましょう。

化粧水や専用薬を上手に活用

化粧水や専用薬を上手に活用

できてしまったニキビの治療には、専用薬を使用すると良いでしょう。市販で入手できるニキビ治療薬には、ニキビ内の皮脂を取り除き、毛穴詰まりを解消してくれる有効成分イオウが配合されているものなど、さまざまな種類があります。肌に脂っぽさを感じる油性肌タイプの方には、イオウ配合のニキビ治療薬の使用が効果的です。しかし、乾燥肌や敏感肌の方が、イオウなどの油分を取り除く効果のあるニキビ治療薬を使ってしまうと、症状を悪化させてしまうことも考えられます。その場合は、ビタミンC配合の化粧水などを患部に使用し、ケアを行うと良いでしょう。ビタミンCには、肌の炎症によって起こる色素沈着を抑える効果があり、乾燥性ニキビや大人ニキビが跡になってしまうことの予防に役立ちます。ビタミンCは水に溶けやすい物質であるため、化粧水に配合されることが多い成分です。肌の潤いを残しつつ、敏感肌でも優しくケアが行えることが特徴です。乾燥が気になる方の場合、患部以外の肌はクリーム、ミルクを塗り十分に保湿をすることを心がけましょう。赤ニキビや黄ニキビなど、炎症がひどいニキビの場合は、抗生剤を使用した皮膚科での治療が必要になります。嫌なニキビ肌を克服するためには、原因にあったケアを行うことが需要です。自分の肌質を見極めて、適切な肌ケアを行うようにしましょう。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。