ダブル洗顔は必要!?乾燥肌にとってベストな洗顔とは

ダブル洗顔は必要!?乾燥肌にとってベストな洗顔とは

洗顔はスキンケアの基本中の基本です。肌をキレイに保つためにも、正しい洗顔をしたいですよね。市場に洗浄力の強いオイルタイプクレンジングが出回るようになってからは、メイクを落とした後に洗顔料でしっかりと汚れを落とすダブル洗顔をしている人も多くなりましたが、それって本当にあなたの肌にあっていますか。最近では「お湯で落ちる」「ダブル洗顔不要」といった、うたい文句の製品が販売され、賛否両論となっているダブル洗顔ですが、今回はダブル洗顔のメリット、デメリットについてご紹介し、その是非を考えていきたいと思います。

ダブル洗顔のメリットは?手間なしスッキリ!

ダブル洗顔の最大のメリットは、ファンデーションやマスカラなどのメイク汚れをしっかりと洗い流すことができることでしょう。肌表面にメイクや皮脂汚れが残り、その汚れを放置してしまうと、ターンオーバーを妨げる原因となり、くすみやニキビといった肌トラブルが生まれるきっかけになってしまいます。そういった肌トラブルを防ぐために、メイク汚れをクレンジングで確実に取り除き、洗顔料で皮脂などをキレイに取り除く、ダブル洗顔は十分にメリットとなります。その他にも、ダブル洗顔で汚れをしっかりと取り除けば、その後の化粧水や美容液などの成分がお肌に浸透しやすくなるメリットもあります。ダブル洗顔は洗い上がりもスッキリするので、汗をかきやすい夏やオイリー肌の人にとっては、ちょうど良い仕上がりになることでしょう。もちろん、ダブル洗顔をしたとしても、その方法が不完全であれば肌に汚れが残り、肌トラブルの原因となるので注意してください。

ダブル洗顔のデメリットは?時間と洗いすぎによるトラブル!

ダブル洗顔のデメリットと言えば、やはり手間と時間がかかることでしょう。毎日メイクをする人や家事や仕事で忙しい人にとっては、クレンジングと洗顔の2つのステップを踏むことは負担になります。他にも、ダブル洗顔のメリットとして、汚れをしっかり落とせることを挙げましたが、ダブル洗顔によって必要な皮脂やうるおいまで取り去ってしまう場合があるというデメリットがあります。洗いすぎによって皮脂を奪ってしまうと乾燥肌になったり、潤いを補うために必要以上に皮脂分泌をするようになり、オイリー肌になったりする可能性があります。特に皮脂の少ない乾燥肌の人や刺激に弱い敏感肌の人にとっては、ダブル洗顔は肌表面のうるおいのバリアを崩し、肌トラブルの要因になりやすいので、洗顔は自身の肌質に合った方法を選ぶことが一番大切だと言えます。

そのダブル洗顔、ちょっと待った!乾燥肌は、洗いすぎ厳禁!

11_3ダブル洗顔は必要!?乾燥肌にとってベストな洗顔とは

乾燥肌にとって洗顔は、肌に負担をかけないように優しく洗うことが重要です。もちろん、洗いすぎは厳禁です。自分の肌の状態を把握して、洗顔を使い分けることはキレイ肌を保つために不可欠ですから、乾燥肌の人は泡立ってネットを活用して優しく泡洗顔をすると良いでしょう。また、洗いすぎないようにダブル洗顔不要の製品を使用するのもおすすめです。肌の汚れを落とす洗顔というケアは、スキンケアの中でも特に大切なステップです。自分の肌の状態に合わない洗顔方法を続けてしまうのは、決して肌のためにはなりません。もし、ダブル洗顔じゃないと汚れが取れているか心配だという場合は、洗顔した後にコットンに化粧水を含ませて肌を優しく拭き取ってみてください。コットンに汚れがついていなければ、汚れが落としきれている証拠となります。また、乾燥が気になる人はマスカラやアイラインなどメイクが落ちにくく、皮膚が薄くデリケートな目の部分は特に気をつけたいポイントです。ポイントメイク専用のクレンジングを活用し、洗いすぎないようにしましょう。洗顔後は、柔らかいタオルで押さえるように水気を取ってあげてくださいね。