スキンケアの基本は保湿!みんなはどんな点に注意してる?

スキンケア

肌を健やかに保つために一番大切なのは保湿、というのは今や常識といっても良いかもしれません。乾燥・肌荒れ・ニキビ・シミ・シワなど、肌トラブルの多くは水分不足によるバリア機能の低下が原因ともいわれています。そうしたことを防ぐためにはスキンケアの基本である「保湿」を日々心がけたいもの。では上手に保湿をするためにはどんなコツがあるのでしょうか。アンケートをとって調べてみました。

4

【質問】
保湿に効果的な基本のスキンケア、一番重視しているのはどんな点?

【回答数】
洗顔後すぐ手入れする:55
化粧水、美容液、乳液を順番に塗る:10
化粧水をけちらずたくさん使う:35

洗顔後の肌は乾いている!時間を置かずに即保湿しよう

アンケートでは「洗顔後すぐ手入れする」という回答が最も多く、55パーセントとダントツのトップです。

・洗顔後は肌の水分が蒸発しやすく、乾いてからではケアが間に合わないから。(20代/女性/パートアルバイト)

・テレビで専門家の人が洗顔後にすぐにスキンケアをすることが何よりも重要だと言っていたから。(20代/女性/学生)

・母親に洗顔後にケアをしないで放っておくと、無防備な肌が乾燥にさらされるとよく言われていたので、洗顔後すぐの手入れを一番重視しています。(20代/女性/学生)

・風呂上がりに直ぐに化粧水、乳液をつける工夫をしてます。やっぱり、時間を置いた後では肌の状態が違います(20代/女性/パートアルバイト)

洗顔後、肌をタオルで拭いた瞬間から水分の蒸発が始まります。これは時間を置けば置くほど進行してしまうので、できるだけ早めのケアが大切。回答数が多いことからも、専門家が言っているのを聞いたり身近な人からアドバイスされたりして、こうした知識がかなり広まっていることがわかります。実際洗顔直後にケアしたのと時間をおいてからケアしたのとでは違う、という自身の体験を語っている人もいて、素早いケアの大切さが良く伝わってきますね。

水分を与えたら油分でフタを・化粧水はたっぷり使うのがコツ

2番目に多かったのは「化粧水をけちらずたくさん使う」という回答で35パーセント。「化粧水、美容液、乳液を順番に塗る」と答えた人も10
パーセントいます。

・プチプラな化粧水を多めにたっぷり使います。コットンパックにして使うにも多めに含ませられるので便利。(20代/女性/無職)

・化粧水は保湿液を十分にしみこませるための器を肌に作るためだ、と思っています。器をしっかりしておけば保湿液もいきわたる!(20代/女性/専業主婦)

・順番次第で肌の浸透具合も変わってくると思うから、順番は大事だと思います。(20代/女性/学生)

・乳液やクリームは必須。化粧水で保湿しても、油分でフタをしないと蒸発して乾燥する。(20代/女性/パートアルバイト)

保湿の基本はまず水分。化粧水はケチらずたっぷり使うのがコツです。水分をたっぷり与えれば肌はうるおい、またそれによって余分な皮脂の分泌も抑えられます。また、うるおいをたっぷり含んだ肌はその後の美容液や乳液の浸透も良い、という経験のある人もいるのでは?
またスキンケアの順番ですが、先に水分を与え、後から油分の多いものでフタをするというのがベスト、というのが回答にもあらわれています。まずは化粧水で水分を補い、次に美容液で栄養を与え、最後に乳液やクリームでフタをすれば肌にうるおいを閉じ込めることができそうですね。

スキンケアには正しい順番がある!コツをつかんで美肌になろう

今回のアンケートは、回答数の多い順に見ていくとスキンケアで大事なことがよくわかります。洗顔後すぐに化粧水をたっぷりつけ、その後美容液・乳液の順でケアすれば、乾燥を防ぎ肌のうるおいを保つことができるようです。肌はうるおいを与えることでふっくらとしてハリが出ますし、肌表面を乳液などで覆うことでそのうるおいを守ると同時に外部の刺激から肌を守ることもできます。肌にうるおいが必要、ということはよく知られているかもしれませんが、そのうるおいを効果的に守るための基礎知識、ぜひ身につけて実践したいものですね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:【性別】女性 【年齢】0 – 20 20 – 29
  • 調査期間:2016年02月16日~2016年03月01日
  • 有効回答数:100サンプル