スキンケアが大切!美白を手に入れるために知っておくべき正しい知識

スキンケアが大切!美白を手に入れるために知っておくべき正しい知識

清潔感を感じさせる透明感のある美しい肌は多くの女性にとっての憧れでしょう。美白の肌を持つために必要と言われているケアにはいろいろありますが、ここでは本当に美しい肌を手に入れるために知っておくべき正しいお手入れ方法や成分の知識をご紹介します。

美白の天敵を防ぐ!シミ予防に適した美白成分ってどんなもの?

スキンケアが大切!美白を手に入れるために知っておくべき正しい知識
美しい白い肌に点々と生じるシミは美白を手に入れたい人にとって天敵と言えるでしょう。現在の美白肌をキープしたいという人にとっても、シミを増やしたくないと言う人にとっても予防対策を正しく行うことが重要となります。シミ予防に適した美白成分の正しい知識を知るためには、厚生労働省に認可された成分を確認しておくと安心です。シミの元となるメラニンを生成するチロシナーゼという酵素の機能が活発に働かないように妨げる成分には、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、4MSKと呼ばれる4-メトキシサリチル酸カリウム塩、マグノリグナン、プラセンタエキスがあります。また、肌にはメラノサイトと呼ばれる色素細胞にシミの元であるメラニンを合成する指令を行う成分があり、それを抑制することで美白を目指すことができる成分もあります。エンドセリンを抑制するカモミラETやプロスタグランジンを妨害するトラネキサム酸やt-AMCHA(ティーアムチャ)です。また、既にできてしまったシミを薄くしたいという場合に効果的と考えられている成分として認可されている成分に、メラニン生成抑制効果が期待できる成分の一つと同じビタミンC誘導体が挙げられています。

効果がアップ!美白化粧品を有効に使うスキンケア方法

美白へのスキンケア方法で重要となるシミ対策の化粧品選びを行う場合に注意すべきポイントがふたつあります。ひとつめは自分のシミの種類を知ること、そしてふたつめは美白の目的を確認することです。シミと一言で言っても、老人性色素斑、肝斑、ソバカスと呼ばれる雀卵斑、脂漏性角化症、炎症性色素沈着など原因に応じていろいろな種類があります。種類を知ることで明確なシミの原因を知ることができ、それに対応する適切な化粧品を選ぶことができるため、同じスキンケアを行っても効果が高まることが期待されます。また、現在まだできていない肌のトラブルを予防したいのか、既に生じてしまったトラブルを解決することで美白肌を目指したいのかの目的によってケアのベストとなる方法も異なってきます。厚生労働省が認可している成分の中から、目的に適した成分が含まれている美白化粧品を選びケアを行うことが有効な対策のひとつです。特に認可された医薬部外品は、薬理作用が認められた成分が使用されている化粧品であることから、通常の化粧品よりも高い効果が期待できます。また、個々により肌質や肌状態が異なるため、一概に言うことはできませんが、一般的には厚生労働省の認可品であることによる安全性への安心感も高いと言えるでしょう。適した美白化粧品を使用してケアをする場合には、商品に記載された使用量を正しく守ることが大切です。効果を高めたいと既定の使用量以上の化粧水を肌に塗っても効果に変わりはないばかりか、肌トラブルを生じてしまうケースもあるため注意が必要です。また、使用する順番も正しく行いましょう。一般的には、化粧水を使用した後で、乳液の前に肌に塗り込みます。乳液は肌へ水分補給をした後に行う蓋にあたります。蓋をする前に美白成分を肌へ取り入れておくことが大切です。化粧水で十分な保湿を行い、シミの原因となる紫外線へのバリア機能を弱めないようにすることも重要です。美白化粧品の使い方を正しく守って実践することが効果を高める一番の方法と言えるでしょう。

美白への近道を教えます!ポイントはメラニンを増やさないこと

スキンケアが大切!美白を手に入れるために知っておくべき正しい知識
美白を目指すなら、美しい肌の妨げとなるシミやそばかすの原因成分のメラニンを増やさないようにケアすることがポイントとなります。メラニンとは厚さが約0.2ミリしかない薄い膜である表皮の一番内側にある基底層に存在するメラノサイトという色素細胞により生成されている色素です。メラノサイトは私たちが日常生活の中で浴びる紫外線からの刺激によってメラニンを生成し、周囲の表皮細胞と共に、表皮の内側にある真皮に紫外線が届かないように守ります。ここでブロックすることにより、皮膚癌が生じることを防いだり、DNAが壊されることを防御したりしているため、大切な役割となっています。しかし、この大切な役割を果たす成分の一つであるメラニン色素は過剰に生成されて色素沈着を起こすとシミとなってしまいます。美白を目指すならこのシミの原因となる色素沈着を防ぎ、過剰にメラニン色素を増やさないことが必要です。過剰にメラニン色素を作らせないためにはシミ生成の指令の元であるケラチノサイトを刺激する紫外線を日常的にしっかりと防ぎ、肌への刺激をできる限り少なくするように心がけましょう。通常メラニン色素はターンオーバーにより排出されバランスのとれた状態となっています。しかし、正常なターンオーバーが行われないと余分なメラニン色素が溜まりシミとなってしまうため、バランスのとれた食事、十分な睡眠など正しい生活習慣を行うことでターンオーバーを正常に働くように維持することも大切です。

最新機器でも脱毛ならKIREIMO(キレイモ)

ビューティズムは株式会社MGOが運営する”キレイ”にこだわる女性のための情報サイトです。