コットンを使ったスキンケアで、目指せ!乾燥知らずのウル肌美人

コットンを使ったスキンケアで、目指せ!乾燥知らずのウル肌美人

お風呂から上がった後のスキンケア、どのような方法で行っていますか。毎日のケアだからこそ、間違ったケアの方法を繰り返してしまえば、お肌のトラブルにつながってしまいます。せっかく化粧水や乳液を使ってケアするなら、正しく、効果的に使いたいものですよね。今回は、コットンを使うスキンケアのメリットやコットンの正しい使い方、選び方などについて紹介したいと思います。

美容成分を肌の奥までムダなく届けてくれる!

洗顔後に化粧水を使ってパッティングなどのケアをする時、どのような方法でケアしていますか。洗顔後のケアにコットンを使用するメリットとしては、化粧水や乳液の美容成分をしっかり肌に浸透させられるという点があります。洗顔後、肌が乾燥しやすい状態の時に、慌てて化粧水をバシャバシャとつけても、肌の表面は潤ったように見えるかもしれませんが、美容成分や潤い成分は流れてします。化粧水の使い方として最も重要なのは、きちんとパッティングするということです。せっかく良い化粧品や乳液を使っても、ちゃんと浸透させないままでは、意味がありません。また、乾燥した手でパッティングしてしまうと、手にも潤いがチャージされてしまうため、顔に届くはずの潤いが手に取られてしまうのです。コットンにはパック効果もあるので、潤いを肌に直接届けてくれます。

間違った方法だと逆効果!コットンの正しい使い方

73_2コットンを使ったスキンケアで、目指せ!乾燥知らずのウル肌美人

正しいコットンの使い方は、化粧水や乳液をコットンに10円玉大ほどのせ、やさしく肌に浸透させるイメージでゆっくりとパッティングするという方法です。正しいパッティングの方法でケアしていれば、化粧水や美容液の浸透率は、格段にアップします。
しかし、間違った方法でパッティングしてしまうと、逆にお肌のトラブルを招いてしまうことがあります。例えば、コットン全体がヒタヒタになるほど大量の化粧水をしみこませて使う方法は、あまり意味がありません。乾いた状態のコットンには、その柔らかさで肌を守る効果があります。全体的に化粧水を浸してしまうと、膨らんで硬くなってしまうため、お肌へのダメージも大きくなります。
また、パッティングの後にお肌が赤みを帯びてしまう人は、パッティングがやや強すぎるサインかもしれません。コットンが毛羽立っていたり、パッティングの後に肌が赤くなったりするような方法は繊細なお肌を刺激してしまい、肌荒れをはじめとしたトラブルの元にもなってしまいます。自分のパッティング方法が正しいかどうかなど、普段はあまり気にとめることが少ないかもしれませんが、一度見つめ直してみると良いかもしれませんね。
ここではコットンのメリットについて紹介しましたが、もちろん、手でパッティングする方法が間違っているということは決してありません。手には手の、コットンにはコットンのメリットやデメリットがあるので、自分にあった方法を見つけることが美肌への一番の近道です。

毎日使うものだから…コットンのオススメの選び方

73_3コットンを使ったスキンケアで、目指せ!乾燥知らずのウル肌美人

コットンを使った正しいパッティングでは、化粧水や乳液の美容成分がより浸透するといった効果が期待できるということを紹介してきましたが、コットンにも様々な種類や価格のものがありますよね。コットンの原料は、綿花なのですが、その栽培方法によって、お肌への影響は変わってきます。そこで、一番オススメしたいのが、オーガニックのコットンです。化学肥料や大量の農薬を使用して栽培されたコットンに比べると、化学薬品の使用量が少ないため、一般的なコットンよりも安心して使う事ができます。
原材料の他にも、選ぶ基準として「コットンの使い方」で選ぶ方法もあります。毛羽立ちが抑えられるコットンや、1枚のコットンを2枚に割いてパック用として使えるものなど種類も様々です。毎日使うものなので、使いやすさは大切なポイントです。
コットンの種類まで意識している人は少ないかもしれませんが、肌に直接触れるものだからこそ、使いやすく、できるだけ肌に優しい素材で作られたコットンを選びたいですね。